ZIPAIR Tokyoは、東京/成田〜ホノルル線を12月19日に開設すると発表した。2021年1月までは16往復を運航する。

ハワイ州指定医療機関である日本医科大学成田空港クリニックによる出発時のPCR検査、駐車場と空港への車のお届けサービス、帰国後の郵送PCR検査の3つのオプションパッケージを販売する。詳細は後日発表する。

長距離線の運航に不可欠となる、双発機が片方のエンジンが停止したまま最大180分飛行できる、ETOPS運航の承認を国土交通省から得ている。

日本航空(JAL)の完全子会社である格安航空会社(LCC)のZIPAIR Tokyoは、ボーイング787-8型機を2機保有。フルフラットとなる「ZIP Full-Flat」を18席、3-3-3配列でゆとりがある「Standard」272席の計290席を備えている。

東京/成田〜バンコク線を6月3日、東京/成田〜ソウル/仁川線を9月12日から、それぞれ貨物便として運航を開始。10月16日にはソウル/仁川線、10月28日からバンコク線で旅客便の運航を開始している。

■ダイヤ

ZG2 東京/成田(20:15)〜ホノルル(07:55)/12月19日・22日・25日・26日・28日〜30日、1月2日〜4日・8日〜10日・17日・24日・31日

ZG1 ホノルル(09:55)〜東京/成田(14:30+1)/12月19日・22日・25日・26日・28日〜30日、1月2日〜4日・8日〜10日・17日・24日・31日

詳細はこちら

情報提供元:Traicy
記事名:「ZIPAIR Tokyo、東京/成田〜ホノルル線を12月19日開設 1月まで不定期運航