シンガポール航空(ボーイング787-10型機)

シンガポール航空は、名古屋/中部〜シンガポール線の運航を12月2日から再開する。東京/成田・大阪/関西〜シンガポール線も11月30日より増便する

名古屋/中部〜シンガポール線は水・土・日曜の週3便を、ボーイング787-10型機で運航する。

東京/成田・大阪/関西〜シンガポール線は1日1便に増便する。福岡〜シンガポール線は週1便の運航を継続する。東京/成田・福岡〜シンガポール線はボーイング787-10型機、大阪/関西〜シンガポール線はエアバスA350-900型機で運航する。

運航再開や増便は、日本とシンガポール両国の段階的な入国規制緩和による旅客需要と堅調な貨物需要に対応するものだとしている。両国間は、「ビジネストラック」を9月18日から、「レジデンストラック」を9月30日からそれぞれ開始している。外務省は、シンガポールの感染症危険情報を引き下げている。

■ダイヤ

SQ637 東京/成田(10:10)〜シンガポール(17:00)/毎日(11月30日〜)

SQ638 シンガポール(00:55)〜東京/成田(08:30)/毎日(11月30日〜)

SQ671 名古屋/中部(10:20)〜シンガポール(16:15)/水・土・日(12月2日〜)

SQ672 シンガポール(01:50)〜名古屋/中部(09:00)/水・土・日(12月2日〜)

SQ623 大阪/関西(23:20)〜シンガポール(05:10+1)/毎日(11月30日〜)

SQ622 シンガポール(14:45)〜大阪/関西(21:50)/毎日(11月30日〜)

SQ655 福岡(10:55)〜シンガポール(16:30)/木(12月3日〜)

SQ656 シンガポール(02:15)〜福岡(09:05)/木(12月3日〜)

詳細はこちら

情報提供元:Traicy
記事名:「シンガポール航空、名古屋/中部〜シンガポール線の運航再開 成田・関空線も増便