ピーチ・アビエーションは、12月の国内線運航計画を発表した。

運航便数は計3,065便で、当初計画比86%となる。全26路線のうち15路線を計画対比100%で運航する。年末の12月26日から31日にかけては、計画対比100%となる732便を運航する。年末を除く、12月1日から25日の運航率は83%と、11月と同等規模となる。

減便となる路線は、大阪/関西〜仙台・新潟・宮崎・鹿児島線、東京/成田〜釧路・札幌/千歳・大阪/関西・福岡・長崎・宮崎線、仙台〜札幌/千歳線。

詳細はこちら

情報提供元:Traicy
記事名:「ピーチ、12月の国内線運航計画を発表 年末は計画通り