JR東日本は、横須賀・総武快速線用の新型車両「E235系」の営業運転を12月21日から開始すると発表した。

E235系は2015年に山手線で運転が開始された新型車両で、同路線以外で導入されるのは横須賀・総武快速線が初めて。ドア上のほか荷棚上部にもデジタルサイネージが設置され、各車両にフリースペースが設けられるなど利便性や安全性が向上した車両。外観は現行のE217系と同様、青色とクリーム色の通称「横須賀色」を踏襲したデザインとなっている。

横須賀・総武快速線には11両編成51本、4両編成46本の全745両を順次導入し、E217系を置き換える。今年度は11両編成8本、4両編成8本の120両を導入する計画。

情報提供元:Traicy
記事名:「横須賀・総武快速線に新型車両E235系、12月21日デビュー