ANA(機体尾翼)

全日本空輸(ANA)とJR九州は、「ANA空港アクセスナビ」と「JR九州インターネット列車予約」の連携を10月21日から開始した。MaaS分野におけるより利便性の高いサービス提供を目指す。

「ANA空港アクセスナビ」は、出発空港と到着空港での地上交通機関の情報などをウェブサイトやスマホ用アプリで案内するサービス。一部の地上交通機関については、同サービス内でそのまま予約・チケットの購入ができる。10月21日からはJR九州のインターネット予約サービスとも連携を開始し、新幹線や特急列車の予約・決済が可能となった。

例として東京から久留米まで移動する場合、ANAの東京/羽田〜福岡線の予約画面から、到着時刻に合わせた久留米までの経路を検索し、そのまま博多〜久留米間の新幹線のきっぷを購入できる。購入したきっぷ類はJR九州のみどりの窓口や指定席券売機で発券する。

両社は2019年から、九州への訪日外国人誘客に向けて連携をスタート。11月からは宮交ホールディングスらと共に宮崎県におけるMaaS実証実験も開始する予定で、宮崎市や日南市などでの観光需要創造にも取り組む。

情報提供元:Traicy
記事名:「ANAとJR九州、MaaS推進へ連携 航空便と新幹線の一括予約が可能に