6月9日、ビー・エム・ダブリューは今秋日本で正式発表する新型電気自動車「BMW iX」の初期生産モデルである「iXローンチ・エディション」の先行予約受付を、BMWオンライン・ストアで開始した。税込車両価格は「iX xDrive40ローンチ・エディション」が1155万円、「iX xDrive50ローンチ・エディション」が1373万円で、納車は今年の秋以降の予定だ。

ローンチ・エディションには「ファースト・クラス・パッケージ」を含む4つのパッケージが標準装備され、スポーティで上質、そして機能性を高めた特別感の高い仕立てに

「iX」は昨年11月に本国発表された新型電動クロスオーバーSUV。アルミスペースフレームを用いた新開発のEV用スケーラブルプラットフォームを採用した初めてのモデル。



ボディサイズは全長4953×全幅1967×全高1695mmで、ホイールベースは3000mm(本国仕様値)。荷室容量は500ℓ確保され、後席シートバックを倒した最大時は1750ℓを許容する。

モーターは前後合わせて2基を搭載。「iX xDrive40」は326ps/630Nmを発揮し、6.1秒の0-100km/h加速タイムを実現。一方、上級版の「iX xDrive50」は523ps/765Nmを発揮し、0-100km/h加速を4.6秒でこなす。最高速はいずれも200km/hをマークする。

キャビンのアンダーフロアに搭載されるリチウムイオンバッテリーの容量は「iX xDrive40」が76.6kWh、「iX xDrive50」が111.5kWh。一回の満充電による最高航続距離はそれぞれ425km、630kmと発表されている。

このたび初期生産モデルとして先行受注の開始した「ローンチ・エディション」には、スカイ・ラウンジ・パノラマ・ガラス・サンルーフ等の上質な室内空間を演出する装備を含む「ファースト・クラス・パッケージ」、フロント・アクティブ・ベンチレーション・シート等の室内の快適性を向上させる装備を含む「ラウンジ・パッケージ」、そして専用のホイール等スポーティなデザイン装備を含む「スポーツ・パッケージ」すべてを採用したモデルとなっている。



加えて「iX xDrive40ローンチ・エディション」には、harman/kardonサラウンド・サウンド・システムが、「iX xDrive50ローンチ・エディション」には、Bowers & Wilkinsダイヤモンド・サラウンド・サウンド・システムを含む「テクノロジー・パッケージ」がそれぞれ装備されている。

ボディカラーは「iX xDrive40ローンチ・エディション」が、ソフィスト・グレー・ブリリアント・エフェクトおよびミネラル・ホワイトの2種類、「iX xDrive50ローンチ・エディション」が、BMW Individualアベンチュリン・レッドだ。

なおすべてのモデルは、BMWオンライン・ストアのみで予約注文が可能で、新型BMW iXの日本における正式発表後、早い段階で納車が約束される。

●BMW「iX xDrive40/xDrive50ローンチ・エディション」採用パッケージ

【ファースト・クラス・パッケージ】

・ソフトクローズドア

・インテリア・スタイリング クリア&ボールド

・スカイ・ラウンジ・パノラマ・ガラス・サンルーフ

・サンプロテクション・ガラス

・クライメート・コンフォート・ガラス

【ラウンジ・パッケージ】

・フロント・アクティブ・ベンチレーション・シート

・マルチ・ファンクション・シート(運転席&助手席)

・インテリア・デザインSuiteレザー・アミド(iX xDrive40)

・インテリア・デザインSuiteレザー・カスタネア(iX xDrive50)

・サンプロテクション・ガラス

・クライメート・コンフォート・ガラス

【スポーツ・パッケージ】

・スポーティなフロントエプロンおよびバンパー

・ブルーのブレーキキャリパー

・ダーク仕上げを施された印象的なリヤライト

・専用ホイール: 22インチ・エアロダイナミック・ホイール1020バイ・カラー・3D ポリッシュ

【テクノロジー・パッケージ】

・BMWレーザー・ライト

・harman/kardonサラウンド・サウンド・システム(iX xDrive40)

・Bowers & Wilkinsダイヤモンド・サラウンド・サウンド・システム(iX xDrive50)

・インテリア・カメラ
●BMWオンライン・ストア

情報提供元:MotorFan
記事名:「 BMWの新型EV「iX」初期生産モデル「ローンチ・エディション」の先行予約注文受付が開始! 税込1155万円から