6月8日、横浜ゴムはドリフト競技大会「FORMULA DRIFT JAPAN(フォーミュラドリフトジャパン、以下FDJ)」の2部リーグとして2021年から開催される「FDJ2」に、競技専用のストリートスポーツタイヤ「ADVAN NEOVA AD08R(アドバン・ネオバ・エイディー・ゼロハチ・アール)」をワンメイク供給します。タイヤサイズは 235/40R17、255/40R17、235/40R18、255/35R18、265/35R18の計5サイズ。

4輪を滑らせながら車両をコントロールするなど、高度なテクニックが求められるドリフト競技を足元からサポート

「FDJ」は米国の「フォーミュラドリフト」のインターナショナルシリーズ。日本発祥のモータースポーツであるドリフト走行により競われ、人気を博している「フォーミュラドリフト」を逆輸入するかたちで2015年から開催されている。今回発足する「FDJ2」は6月12日、13日の開幕戦を皮切りに全6戦が開催され、シリーズランキング上位10名には来シーズンの「FDJ」への出場権が与えられる。

「FDJ2」では、国内のドリフト競技として初めてタイヤをワンメイクとし、高いグリップ性能とコントロール性から「アドバン・ネオバAD08R」が選定された。このタイヤは4輪を滑らせながら車両をコントロールするなど、高度なテクニックが求められるドリフト競技を足元からサポートする。

横浜ゴムは2021年度から2023年度までの新中期経営計画「Yokohama Transformation 2023(YX2023)」(ヨコハマ・トランスフォーメーション・ニーゼロニーサン)のタイヤ消費財事業において、高付加価値商品の主力であるグローバルフラッグシップタイヤブランド「ADVAN(アドバン)」、SUV・ピックアップトラック用タイヤブランド「GEOLANDAR(ジオランダー)」、そして「ウィンタータイヤ」の販売構成比率最大化を掲げている。そのなかで、モータースポーツ活動を技術開発および「ADVAN」「GEOLANDAR」ブランド強化の場と位置付け、トップカテゴリーからグラスルーツカテゴリーまで、国内外の多岐にわたるモータースポーツ競技に参戦している。

情報提供元:MotorFan
記事名:「 横浜ゴムが「フォーミュラドリフトジャパン」の新リーグに競技専用ストリートスポーツタイヤ「アドバン・ネオバAD08R」をワンメイク供給