6月7日、ダイハツは小型乗用車「トール」のフレンドシップシリーズ(福祉車両)に「トール シートリフト」(昇降シート車)を新設定し、同日発売した。価格は174万5000円〜207万4000円。

リモコン操作が可能な助手席シートリフトを装備し、乗車する人や乗車をサポートする人の乗降時の負担を軽減

トールは2016年11月の発売以来、ダイハツの小型車販売の中核を担う主力車種で、コンパクトなボディサイズながら、広々とした室内空間や、様々なシーンで使い勝手の良いシートアレンジなどで好評をはくしている。2020年9月のマイナーチェンジでは、安全安心機能の改良や、内外装のデザインを刷新した。

ダイハツは軽福祉車両市場でトップシェアを誇り、幅広い軽福祉車両のラインナップで多くのユーザーから支持を得ている。これまでは軽自動車のみの設定だったが、このたび小型車にもラインナップを追加したことで、ユーザーの選択の幅を広げた。

このたび設定された「トール シートリフト」には、ワイヤレスリモコンによる操作が可能な助手席シートリフトを装備し、乗車する人や乗車をサポートする人の乗降時の負担軽減を目指して開発された。広々とした室内空間とシートリフト機能により、幅広いユーザーに快適な移動が提供できる一台となっている。

●「トール シートリフト(昇降シート車)」福祉車両装備

・ワイヤレスリモコン

・助手席シートリフト(折り畳み式フットレスト/アームレスト(右側)付)

・助手席電動前後スライド/シートリクライニング

・車いす固定装置(車いす固定ベルト)
●「トール シートリフト(昇降シート車)」ラインナップ

・X:174万5000円(FF)/190万5000円(4WD)

・G:191万4000円(FF)/207万4000円(4WD)

※消費税は非課税
●ダイハツ公式WEBサイト「福祉車両」

情報提供元:MotorFan
記事名:「 ダイハツ・トールに助手席シートリフトを装備した福祉車両「トール シートリフト(昇降シート車)」が新設定! 174万5000円から