ボルボ・カー・ジャパンはこのほど、隔年で開催する世界統一のサービス競技大会である「VISTA 2020(ボルボ・アフターセールス競技大会)」の日本決勝大会を、6月2日にボルボ・カー・ジャパン埼玉サービスセンター(埼玉県川島町)を中心に実施し、ボルボ・カー岐阜(日の丸興業株式会社)が優勝したことを報じた。

ボルボ・カー・ジャパンは「VISTA」を通じて現場の技術力および接客力を高め、顧客満足度のさらなる向上を目指す

VISTA(Volvo International Service Training Award)は、ボルボのサービスに従事するスタッフを対象に世界規模で実施しているアフターセールスの競技大会。正規ディーラーでボルボ車に携わるテクニシャンおよびアドバイザ-の知識や技術の向上を図ることを目的に、1976年から世界各国で開催されており、現在では約70カ国から1万6000名以上のスタッフが参加して行われている。

第21回目となる今大会は、全国から277チーム636名が参加し、2020年10月に開催されたセミファイナル・コンテストを勝ち抜いた上位10チーム23名が決勝大会に進出した。決勝大会は、新型コロナウイルス感染症の感染拡大を防ぐため、埼玉サービスセンターを東日本会場に、豊橋トレーニングセンター(愛知県)を西日本会場とし、ボルボ・カー郡山(福島県)を加えた3会場での分散開催としつつ、ネットで結びながら開催された。

各チームはサービスマネージャー、サービスアドバイザー、テクニシャンからなる2名または3名で構成され、実車の不具合を修理する実技、整備後の納車説明など実際のサービス入庫に則した競技を実施。整備診断技術のみならず、顧客対応を含めたサービス総合力を競った。

接戦の末、優勝はボルボ・カー岐阜(日の丸興業株式会社)、準優勝にはボルボ・カー静岡(静岡ブイオート株式会社)が輝いた。



優勝チームを含めた上位4チームは、2021年8月下旬に、オンライン開催となる「VISTA 2020 ウィナーズカンファレンス」に招待される。また、新型コロナウイルス感染の影響が落ち着いた段階、スウェーデンへの研修旅行に招待される。

ボルボ・カー・ジャパン代表取締役社長のマーティン・パーソン氏

ボルボ・カー・ジャパンは「VISTA」を通じて現場の技術力および接客力を高め、顧客満足度のさらなる向上を目指していく。

●「VISTA2020」日本決勝大会開催概要

・開催日:2021年6月2日

・会場:埼玉サービスセンター(埼玉県川島町)/豊橋トレーニングセンター(愛知県)/ボルボ・カー郡山(福島県)

・競技参加者:10チーム/23名

・競技内容:時間内に実車の不具合を修理する実技と、整備後の納車説明ロールプレイング競技の総合得点で 順位を決定
●「VISTA2020」日本決勝大会・入賞チームおよび入賞者

【優勝】

ボルボ・カー岐阜(日の丸興業株式会社)/吉田圭佑、加藤孝之

【2位】

ボルボ・カー静岡(静岡ブイオート株式会社)/鈴木康之、深田英利

【3位】

ボルボ・カー港北ニュータウン(ボルボ・カー・ジャパン株式会社)/恒成陽一、後藤慶成、清水宏人

【4位】

ボルボ・カー・ジャパン埼玉サービスセンター(ボルボ・カー・ジャパン株式会社)/甘利俊一、原真由美

※敬称略
●ボルボ・カー・ジャパン公式WEBサイト

情報提供元:MotorFan
記事名:「 ボルボ・カー・ジャパンがアフターセールス競技大会「VISTA2020」 決勝大会を開催。優勝はボルボ・カー岐阜