ジャガー・ランドローバーはこのほど、Google社とパートナーシップを組み、ジャガーの電動SUV「I-ペイス」が、EVとしては初めてGoogleストリートビュー用車両に採用されたことを発表した。

今後12カ月間にわたり大気質のデータを取得。そのデータはGoogle社の科学研究パートナーが分析し、街路レベルでの大気汚染状況のマップ作成に活用

排出ガスをいっさい出さない「I-ペイス」には、窒素酸化物や二酸化炭素の排出量や微粒子(PM2.5)を含む、ダブリン市内の大気質を街路ごとに測定するための大気質測定センサーと、Googleストリートビューのマッピング・テクノロジーを搭載し、情報収集に使用される。



Aclima社が開発した特殊な移動式エアセンサーを装備した「I-ペイス」はダブリン市内ですでに稼働しており、今後12カ月間にわたり大気質のデータを取得。これらのデータはGoogle社の科学研究パートナーが分析し、街路レベルでの大気汚染状況のマップ作成に活用される。



ジャガー・ランドローバーのエンジニアたちは、ストリートビューカメラ用のルーフマウント、配線に対応するリヤウィンドウガラス、Googleストリートビューのコントロール装置を組み込んだ車内のスイッチ類などを新たにデザインし、各種技術を「I-ペイス」に搭載した。なお、「I-ペイス」には、乗員の快適性と健康を考慮して空気イオン化テクノロジーとPM2.5フィルターが装備されている。



このパートナーシップは、サステナビリティに富んだモダンラグジュアリーの再構築、ユニークなカスタマーエクスペリエンスの提供、ポジティブな社会的インパクトの創出、そして2039年までに排出ガス量実質ゼロの実現を目指すという、ジャガー・ランドローバーの「REIMAGINE」戦略の一環として始動したものだ。



このビジョンを実現するべく、ジャガー・ランドローバーは業界のリーダーたちと連携し、サステナビリティをさらに高め、排出ガス量を低減するとともに、次世代技術、データ、ソフトウェアの開発における成功事例の共有を行っている。

ジャガー・ランドローバーのビジネス・デベロップメント担当プロジェクト・マネージャーである、エレナ・アレン氏は次のように述べている。

「Googleストリートビュー技術とジャガーのバッテリーEV『I-ペイス』の組み合わせは、大気質を測定するための最適なソリューションです。電動化をリードする企業となり、2039年までに排出ガス実質ゼロの実現を目指すジャガーの取り組みにも合致しており、今回のプロジェクトをサポートできることを嬉しく思います。このようなパートナーシップは、ジャガーのサステナビリティに対する目標を達成し、ポジティブな社会的インパクトを創出するための方策のひとつです」



Google社は「Environmental Insights Explorer」の大気質プログラムの一環として、ダブリン市と提携し、市域レベルでの詳細な大気質測定データをマッピングし、気候と市民の健康への対策に活用している。



Google社とダブリン市は、こうしたデータが、科学者、研究者、政策立案者の大気質に関する調査、研究に役立ち、さらに市民にも日々の細かい変化を知らせることで、少しでも大気質の改善に繋がることを期待している。



Google社のジオ・オペレーション担当バイスプレジデントであるペディ・フリン氏は、次のように述べている。

「大気質は特に市の行政にとって深刻な問題です。しかし、地域ごとに細分化されたデータと分析結果へのアクセスレベルについては、政策立案者と市民の間にギャップがあります。今回のプロジェクトにより、テクノロジーを駆使してこの重要なデータを収集し、それを皆にアクセス可能なものにすることで、ダブリン市と協力して問題解決へ向けた計画策定を行うことができるようになるでしょう」

情報提供元:MotorFan
記事名:「 ジャガーのEV「I-ペイス」がGoogleストリートビュー用車両にEVとして初採用! 合わせてアイルランド・ダブリン市街地の大気質も調査