6月1日、横浜ゴムは6月3日~6日にドイツで開催される「第49回ニュルブルクリンク24時間耐久レース(49th ADAC TOTAL 24h-Rennen)」に参戦する4チーム7台に、ADVANレーシングタイヤを供給すると発表した。

供給タイヤはドライ用が「ADVAN A005」、ウエット用が「ADVAN A006」

昨年パートナーシップ契約を締結したBMWカスタマーチーム「Walkenhorst Motorsport」では、最高峰クラスであるSP9クラスに参戦するBMW M6 GT3(3台)を含めた計4台がヨコハマタイヤを装着する。供給タイヤは「ADVAN A005(ドライ用)」と「ADVAN A006(ウエット用)」。

Jörg Müller選手らが駆る102号車「BMW M6 GT3」

「Walkenhorst Motorsport」からは昨年の「ニュルブルクリンク耐久シリーズ(NLS)」のSP9 Proクラスでチャンピオンを獲得したDavid Pittard選手や元BMWワークスドライバーでFIA世界ツーリングカー選手権(WTCC)やSUPER GTでの活躍で知られるJörg Müller選手がSP9クラスでステアリングを握るほか、5月に開催された予選レースで後続に1周差をつけクラス優勝したBMW M4 GT4がSP10クラスで参戦し、チャンピオンを狙う。

予選レースでクラス優勝した74号車「BMW M4 GT4」

また、「Walkenhorst Motorsport」以外にもATクラス、SP3クラス、SP4クラスに参戦する3チーム(3台)にレーシングタイヤを供給する。



横浜ゴムは2021年度から2023年度までの新中期経営計画「Yokohama Transformation 2023(YX2023)」(ヨコハマ・トランスフォーメーション・ニーゼロニーサン)のタイヤ消費財事業において、高付加価値商品の主力であるグローバルフラッグシップタイヤブランド「ADVAN(アドバン)」、SUV・ピックアップトラック用タイヤブランド「GEOLANDAR(ジオランダー)」、そして「ウィンタータイヤ」の販売構成比率最大化を掲げている。そのなかで、モータースポーツ活動を技術開発および「ADVAN」「GEOLANDAR」ブランド強化の場と位置付け、トップカテゴリーからグラスルーツカテゴリーまで国内外の多岐にわたるモータースポーツ競技に参戦している。

情報提供元:MotorFan
記事名:「 横浜ゴムが6月3〜6日に開催する「ニュルブルクリンク24時間レース」に参戦する4チーム計7台をADVANレーシングタイヤでサポート!