今回、【モーターファンおすすめ中古車】で紹介するのは、運転が楽しい「普通」のクルマ。エンジンスペックがすごいものや超個性的なものではない。春を迎え、進学や就職など新生活をスタートさせた人にとくにおすすめの、約50万円で狙える走りの気持ちいいクルマを選定した。

今回紹介するのは、ただただ「運転が楽しい良いクルマ」だ。高性能SUVやスポーツカーなど趣味性のあるクルマではなく、「普通」で良いクルマを選びたい人も少なくないだろう。また新生活を迎え、クルマが必要だが、「あまりお金をかけたくない、でも妥協はしたくない」という方もいるだろう。今回はそんな人たちに向けて、約50万円で狙える運転が楽しいクルマ5選を紹介する。



(「普通のクルマ」とは色々な定義があると覆うが、ここでは過不足ないエンジンパワーとしっかりした脚周りを持つクルマということにする)

3代目マツダ・デミオ 軽快な走りが魅力のスタイリッシュコンパクトカー

新車当時の価格は112.5〜158万円。メイングレードの13Cは120万円だった。

マツダ・デミオは、1996年8月に初代モデルが導入され、扱いやすいサイズに優れた収納性・機能性を備えてコンパクトカーセグメントに新しい潮流を起こした。今回紹介する3代目デミオは、「環境・安全に対する関心の高まり」、「デザイン志向の高まり」という「新しい時代の価値観」を見据えてコンパクトカーを一から考えなおし、「パーソナル・スマート・コミューター」として開発されたモデルだ。



高い走行性能がこの3代目デミオのポイントだ。2代目までに築き上げた技術やノウハウを駆使して、Zoom-Zoomを体現したマツダらしいステアリング、ハンドリング、ブレーキ性能をさらに熟成しながら、「気持ち良さ」の性能である乗り心地、静粛性、意のままに操る感覚を追求。ボディ、シャシーをすべて当時新開発し、旧型モデル比で約100kgの軽量化とあわせ、軽快でありながら安心感を増した走りが楽しめる。グレードはよりスポーティな走りを追求したSPORT(スポルト)がおすすめ。1.5ℓNAエンジンを搭載し、7速マニュアルモード付CVTや専用チューンドサスペンション、専用16インチアルミホイール、専用フロントグリル、精悍なエアロパーツなどを装備する。また5MTの設定もあったから探せばMTも選べるだろう。



平均中古価格は約29万円。

たとえば「デミオ スポルト 2008年式、走行1万8000kmで車両本体価格30万円」というような中古車がある。

軽快な走りが魅力のコンパクトカーを選ぶなら3代目デミオがおすすめだ。

全長×全幅×全高(㎜)=3895×1695×1475

ホイールベース(㎜)=2490

エンジン:1.5ℓ 水冷直列4気筒DOHC16バルブ

駆動:FF

最高出力:113ps(83kW)/6000rpm

最大トルク:14.3kg・m(140Nm)/4000rpm

使用燃料:無鉛レギュラーガソリン

トランスミッション:5MT

車重(kg):1000

新車価格:158万円

※2007年発売当時のスペック

日産デュアリス 懐の深い走りが魅力!

新車当時の価格は195.3〜243万円。メイングレードの20Gは222万円だった。

2007年に発売された日産デュアリスは、「スマート&コンパクトクルーザー」をコンセプトに、ヨーロッパの拠点を中心に開発した新しいミドルサイズクロスオーバーSUVだ。軽快かつコンパクトな上半身と、SUVらしいダイナミックさと安心感をもつ下半身を融合させた個性的なエクステリアデザインが印象的だ。また、走行条件のより厳しい欧州市場をターゲットにした開発が行われたことで、"走る"、"曲がる"、"止まる"といった走りの基本性能を高め、これまでのSUVとは一線を画すキビキビかつ安定した操舵性を実現させた。デュアリスは日本ではこのモデルのみで販売が終了してしまったが、欧州では「キャシュカイ(Qashqai)」というモデル名で非常に高い人気を誇るモデルだ。



エンジンは2.0ℓNAエンジン(MR20DE)を採用。低中速域でトルクが非常にあるエンジンでエクストロニックCVT(6速マニュアルモード付無段変速機)と組み合わせることで市街地でも郊外でも実用領域でトップレベルのレスポンスを実現させている。また2.4ℓクラスにも匹敵する、伸びのある加速性能を実現させている。さらに、フロントストラット、リヤマルチリンクサスペンションを採用し、優れたハンドリング性能と快適な乗り心地を両立。懐の深い乗り味を感じられ、中古の国産SUVのなかでも非常におすすめの一台だ。



平均中古価格は約50万円。

たとえば「デュアリス 20S FOUR 2008年式、走行4万9000kmで車両本体価格29万円」というような中古車がある。

デュアリスは、コンパクトで取り回し性に優れ走りの実力も非常に高いSUVだ。

全長×全幅×全高(㎜)=4315×1780×1615

ホイールベース(㎜)=2630

エンジン:2.0ℓ 直列4気筒DOHC

駆動:FF

最高出力:137ps(101kW)/5200rpm

最大トルク:20.4kg・m(200Nm)/4400rpm

使用燃料:無鉛レギュラーガソリン

トランスミッション:CVT

車重(kg):1420

新車価格:222万円

※2007年発売当時のスペック

2代目ルノー・トゥインゴ(標準モデル) 運転が楽しくなるフランス生まれのコンパクトカー

新車当時の価格は198〜250万円。メイングレードのGTは240万円だった。

今回紹介する2代目ルノー・トゥインゴは、コンパクトな車体を生かした使い勝手の良さ、そしてコンパクトな車体にもかかわらず多彩な室内アレンジによる高い機能性といった初代の特徴を引き継ぎつつ、「乗り方も、使い方も自分を表現するクリエイティブコンパクト」のコンセプトで開発されたモデルだ。フランス流の可愛いデザインが魅力だが、じつは走りが楽しいモデルなのである。現行モデルはRR(リヤエンジン・リヤドライブ)だが、2代目はごく一般的なFFである。



2代目ルノー・トゥインゴの標準モデルは、ベースグレードとGTのふたつのグレードが設定されている。エンジンラインアップは、ベースグレードには1.2ℓ(75ps)エンジンが、GTには新開発の1.2ℓ TCE(turbo control efficiency)(100ps)エンジンが搭載されている。おすすめはGT。GTのシャシーには、高い走行性能と高い快適性の両方を実現するために、専用のチューニングが施されている。より堅いブッシュを装備したサスペンションにより、コーナリング中の安定性をいっそう高めると同時に、アッパーストラットブッシュにより、ハンドリングの精度も高められている。また、電動パワーステアリングには専用チューニングが施され、よりダイナミックでより高いドライビングプレジャーを実現している。エンジンも低回転でもレスポンスの良い加速が楽しめるセッティングとなっている。1.6ℓエンジンを積む高性能モデル「ルノースポール」もあるが、気軽に運転を楽しみたいならGTがおすすめだ。



平均中古価格は、約40万円。

たとえばGTだと「トゥインゴ GT 2008年式、走行5万kmで車両本体価格39万円」というような中古車がある。

全長×全幅×全高(㎜)=3600×1655×1470

ホイールベース(㎜)=2365

エンジン:1.2ℓ 直列4気筒SOHC16バルブターボ

駆動:FF

最高出力:100ps(74kW)/5500rpm

最大トルク:14.8kg・m(145N・m)/3000rpm

使用燃料:無鉛プレミアムガソリン

トランスミッション:5MT

車重(kg):1040

新車価格:240万円

※2008年発売当時のスペック

2代目スズキ・スイフトスポーツ 今でも人気のスポーツモデル

新車当時の価格は161.7万円。

2代目スズキ・スイフトは2005年デビュー。優れた走行性能とデザインが好評のスズキを代表するコンパクトカーだ。この2代目からは日本・欧州・インド・中国など世界でも売られる世界戦略車となり、質感が高められた。しっかりしたハンドリングと高い走行性能、個性的でスポーティーなデザイン、取り回しのしやすいコンパクトなサイズ、使い勝手の良さが特徴だ。スイフトスポーツはそんなスイフトのスポーツモデル。前後のバンパーやアンダースポイラー、16インチアルミホイールなどが専用装備されている。インテリアにはバケットシートまで用意され、スピードメーターは220km/hまで表示があるなどやる気たっぷりのモデルだ。



エンジンは1.6ℓ 直4DOHCで4ATと5MTが選べる。最高出力は125psと1070kgの車重には充分なスペックだ。運転を始めると動き出しから、標準モデルの1.3ℓや1.5ℓエンジンと比べて余裕を感じさせられる。高速巡航時の安定感は抜群で、脚周りも硬すぎないため普段の日常使いでも快適にドライブが楽しめる。



平均中古車価格は45万円。

たとえば「スイフト1.6スポーツ 2007年式、5MT、走行6万2000kmで35万円」というような中古物件がある。ただし今でも人気なスポーツモデルということもあり、他のモデルと比べると走行距離が過多なものや修復歴ありのものが多い。購入を検討する際は状態をしっかり確認しよう。

全長×全幅×全高(㎜)=3765×1690×1510

ホイールベース(㎜)=2390

エンジン:1.6ℓ 水冷直列4気筒DOHC16バルブ

駆動:FF

最高出力:125ps(92kW)/6800rpm

最大トルク:15.1kg・m(148Nm)/4800rpm

使用燃料:無鉛プレミアムガソリン

トランスミッション:5MT

新車価格:156万4500円

※2005年発売当時のスペック

初代BMWミニ 俊敏な走りはまさにゴーカート・フィーリング

新車当時の価格は195〜260万円。メイングレードのクーパーは235万円だった。

初代BMWミニは2001年発売。BMWグループのブランドとして再スタートした「MINI」の最初のモデルとして登場した。決して他のクルマとは見間違えることのない伝統のデザインとエレガントなラインが特徴だ。ボンネットの形状や大型の丸型ヘッドライト、極端に切りつめられたショートテール、鋭くそそり立つサイドセクション、機能的なテールランプといったデザイン要素が、先代型の面影を感じさせられる。



グレードは大きく「ワン」「クーパー」「クーパーS」の3種類。「ワン」「クーパー」とのパワートレーンは、BMWとクライスラーの共同開発で生まれた1.6ℓNAエンジンを採用。最高出力は前者が90ps、後者が115psとなっている。また、「クーパーS」には1.6ℓスーパーチャージャーエンジンが搭載される。こちらは最高出力が163psとなっており、引き締められた脚周りと相まって、軽快で楽しい走りを体感できる。ただ、ミニ特有のゴーカート・フィーリングを楽しみたいならクーパーでも充分。ステアリングは非常にクイックで、優れた操作性と俊敏性が味わえる。



平均中古車価格は39万円。

たとえば「ミニ クーパー セブン 2006年式、CVT、走行3万7000kmで36万円」というような中古物件がある。デビューから20年経っているモデルのため、購入検討の際は状態をしっかりチェックしよう。

全長×全幅×全高(㎜)=3655×1690×1415

ホイールベース(㎜)=2465

エンジン:1.6ℓ 直列4気筒SOHC16バルブ

駆動:FF

最高出力:116ps(85kW)/6000rpm

最大トルク:15.2kg・m(149Nm)/4500rpm

使用燃料:無鉛プレミアムガソリン

トランスミッション:5MT

新車価格:225万円

※2001年発売当時のスペック

今回は50万円以内で狙える走りが気持ちいい「普通で良いクルマ」を紹介した。国産車から、フランス車までどれも運転が楽しい良いクルマだ。ぜひ、この5車種をショッピングリストに載せて検討してみてはいかがだろうか?

情報提供元:MotorFan
記事名:「 コンパクトカーからSUVまで、新生活をスタートさせた人におすすめ! 50万円で狙える走りの気持ちいい車5選【モーターファンおすすめ中古車】