6月1日、日産自動社と三菱自動車は、両社による合弁会社「NMKV」が2011年6月に設立してから10周年の節目を迎えたことを報じた。

両ブランドによる販売台数は10年間で累計152万台を達成

NMKVは、2011年6月1日に日産自動車と三菱自動車の合弁会社(資本構成50%:50%)として設立され、日本市場向けの軽自動車の商品企画やプロジェクトマネジメント等を担ってきた。同社は商品企画や開発、デザイン、購買等の分野において、日産と三菱両社の強みを融合し、競争力のある商品を届けている。

NMKVが最初に生み出したのは2013年6月に発売された「日産デイズ」(写真)と「三菱eKワゴン/eKカスタム」

NMKVが生み出した最初のモデルは、2013年6月に発売された日産「デイズ」、三菱「eKワゴン」「eKカスタム」。その後、日産「デイズルークス」、三菱「eKスペース」「eKスペース カスタム」(2014年2月発売)、フルモデルチェンジした日産「デイズ」、三菱「eKワゴン」「eKクロス」(2019年3月発売)、日産「ルークス」、三菱「eKスペース」「eKクロス スペース」(2020年3月発売)を市場に送り出してきた。

2014年にはハイトワゴンの「日産デイズルークス」(写真)と「三菱eKスペース/eKスペース カスタム」を発売

これらのモデルの特長は、商品の企画段階から協業を推し進めることで、日産、三菱それぞれのブランドを体現したまったく異なるデザインを実現しながら、両社が持つ数多くの先進技術やノウハウを融合することで、高い競争力を実現している点にある。こうした特長が高い評価を得て、両ブランドのモデルはこれまで数々の名誉ある賞を受賞してきた。最新の日産「ルークス」、三菱「eKスペース」「eKクロス スペース」では、2020-2021日本カー・オブ・ザ・イヤーにおいて、「K CAR オブ・ザ・イヤー」を受賞した。



両ブランドによる販売台数は、10年間で累計152万台を達成(2021年5月時点)するなど、NMKVの事業は非常に順調な道のりを歩んできた。三菱自動車・水島製作所においては、日産・三菱の協業としては初となる新型軽EVの生産開始に向けて、80億円規模の投資を実施し、NMKVは両社と連携して本プロジェクトを推進している。今後も魅力あふれる新商品の企画やプロジェクトマネジメントによって、NMKVは日産、三菱両社の日本国内における事業競争力の強化に貢献していく構えだ。



今回、NMKVが創立10周年を迎えたことについて、日産自動車の内田誠社長は次のようにコメントしている。

「NMKVを通じて企画・開発する軽自動車は、この10年で大きく進化しました。現在、両社で販売している最新モデルには、日産が誇る先進技術が数多く搭載されています。三菱自動車との協業事業をさらに発展させるとともに、今後も最先端の技術を積極的に採用し、お客さまの生活がより快適でワクワクするものとなるよう、魅力ある商品づくりに努めてまいります」



三菱自動車の加藤隆雄社長は、「20周年を迎えたeKシリーズの最新モデルは、NMKVのプロジェクトマネジメントのもと、三菱自動車の60年にわたる軽自動車づくりのノウハウと日産の先進技術を融合させ、安心・安全で快適な軽ワゴンとなりました。今後も3社による連携をいっそう強化し、お客さまに喜んでいただける商品を提供してまいります。」とコメント。



そしてNMKVの遠藤淳一社長は次のように述べている。

「NMKVは日産自動車と三菱自動車の“良いとこ取り”によって、日本の国民車である軽自動車の魅力を向上し続けています。今後も三社の強みの源泉である、『日本のモノづくり力』を強化して、クロスカンパニー・クロスファンクショナルに擦り合わせを行い、アライアンスのチームワークによってさらに良いクルマづくりを推進してまいります」

情報提供元:MotorFan
記事名:「 日産と三菱の合弁会社「NMKV」が2011年の設立から10周年の節目を迎える。設立後初のモデルは日産デイズ/三菱eKワゴン& eKカスタム