ミシュランは⾃動⾞専⽤360度スキャナーを提供するProovStation(プルーブステーション)と提携し、⾃動⾞両点検ソリューションを強化する。

 ⾞両点検は、これまで約30分を要し、うち約3分でタイヤ点検をするのが一般的だった。今回の提携により、わずか数秒でタイヤを点検し⾞両点検全体を1分未満に短縮することが可能になる。また、⾞両点検費⽤を抑え、点検結果の信頼性も高まる。



 ProovStation社が開発したソリューションに、ミシュランは路⾯磁器スキャナーMICHELIN QuickScan で培ったタイヤ点検技術を提供する。MICHELIN QuickScanにより⾃動⾞両点検機能が強化され、タイヤの摩耗をミリメートル単位の精度で⾃動かつ瞬時に確認できるようになる。



 MICHELIN QuickScanは、路⾯の磁気スキャナーでタイヤ摩耗を⾃動測定する。すべてのブランドのタイヤと⾞両を、雨、雪など天候にかかわらず測定可能で、電気機器無しに4時間以内に簡単に設置できる。また、汚れや泥を取り除く必要はなくメンテナンスも容易だ。15以上の特許出願をしたこのツールに加え、ミシュランは独⾃の⼈工知能アルゴリズムでタイヤデータを精査分析する。

ProovStationについて

 ProovStation社は欧州13か国で事業展開する、コンピュータービジョンを専門とするDeepTechの新興企業だ。2017年以降、⾃動⾞検査プロセスの⾃動化、標準化、修理費⾃動⾒積もりを追求してきた。ProovStationは、一連の光学技術で、3秒で360°スキャンを実⾏するハイテク⾞両スキャナーを開発している。「ステーション」は、全方位から損傷をミリメートル単位で分析し、⼈工知能を活⽤して⾞両の全損傷を検出する。ProovStationの顧客は、さまざまなSaaS ソリューション(修理費⾃動⾒積もり、再販価格⾃動⾒積もり、2D / 3Dフォトスタジオ、等)を入手できる。

ミシュランの自動タイヤ点検ソリューション「MICHELIN QuickScan」

情報提供元:MotorFan
記事名:「 ミシュラン:自動車専用360度スキャナーを提供する仏ProovStation社と提携