日本の3列シートのミニバンブームを支えてきた重要モデルがホンダ・オデッセイである。現行モデルは2013年デビューの5代目。すでにロングライフモデルになっている。同じ3列シートだが、違うアプローチを採ったのが2017年デビューのマツダCX-8だ。この2台の販売台数を比べてみる。

2020年11月にマイナーチェンジを受けたホンダ・オデッセイ

現行ホンダ・オデッセイは2013年10月発表の5代目モデルである。デビューから間もなく丸8年が経つロングライフモデルだ。2020年11月にマイナーチェンジを受けて鮮度を保っているとはいえ、日産エルグランド(2010年登場)ほどとは言わないが、8年はさすがに長い。



オデッセイは、「Lサイズミニバン」で、LLクラスの「トヨタ・アルファード/ヴェルファイア」、とMクラスミニバンの「トヨタ・ノア/ヴォクシー」「日産セレナ」の間、というポジショニングになる。



さて、現行オデッセイは売れているのか? 販売台数の推移を見ていこう。

ホンダ・オデッセイ年間販売台数の推移

ミニバンがブームだった1990年代から2000年代、その主役の一台は間違いなくオデッセイだった。2000年には年間12万台もオデッセイは売れたのだ。

上のグラフではちょっとわかりにくいので、色分けしてみた。

ホンダ・オデッセイ年間販売台数の推移

色分けされたところが、それぞれ「2代目」「3代目」「4代目」「5代目」モデルのモデルライフである。せっかくなので、どんなクルマだったかわかるように写真も入れてみよう。

ホンダ・オデッセイ年間販売台数の推移(モデル別)

ホンダの常として、フルモデルチェンジを受けると、「もしかしてクルマのコンセプトから変わってしまった?」と思うほど、大きな変更を受けて代替わりをする。



初代 全長×全幅×全高:4750mm×1770mm×1645mm ホイールベース:2830mm

2代目  全長×全幅×全高:4770mm×1795mm×1630mm ホイールベース:2830mm

3代目 全長×全幅×全高:4765mm×1800mm×1550mm ホイールベース:2830m

4代目 全長×全幅×全高:48000mm×1800mm×1545mm ホイールベース:2830mm

現行5代目 全長×全幅×全高:4830mm×1800mm×1695mm ホイールベース:2900mm



4代目と現行5代目では車高が150mmも違う!のだ。

1994年登場の初代オデッセイ
1999年登場の2代目オデッセイ
2003年登場の3代目オデッセイ
2009年登場の4代目オデッセイ
2013年登場の現行5代目オデッセイ

それはともかく、車高を一気に80mmも下げて「カッコよくなった」3代目、同じ路線の4代目は、期待に反してあまり販売実績を残すことができなかった。3代目登場の翌年の9万8000台から販売台数は下がり始め、現行5代目(ピープルムーバーらしいパッケージングに戻った)でも最高3万2749台にとどまっている。



ミニバンというカテゴリーそのものの人気が下がってきたということもあるが、アル/ヴェル(アルファード/ヴェルファイア)は、人気と販売台数を伸ばしている。

「3列シートにミニバン以外の選択肢」マツダCX-8は?

2017年にデビューしたマツダCX-8

マツダCX-8

ミニバンではなく、クロスオーバーモデルSUVに3列シートで「3列シートにミニバン以外の選択肢」を標榜して2017年12月に登場したのがマツダCX-8だ。

ミニバンがファミリーカー寄りだとしたら、CX-8が狙ったのは、もっとパーソナルな3列シート。ボディサイズは

5代目オデッセイ 全長×全幅×全高:4830mm×1800mm×1695mm ホイールベース:2900mm

マツダCX-8 全長×全幅×全高:4900mm×1840mm×1730mm ホイールベース:2930mm



で、CX-8の方が背が高く、大きい。パワートレーンもガソリン/ハイブリッドのオデッセイに対して、ガソリン/ガソリンターボ/ディーゼルという構成で違いを出している。

マツダCX-8の内装。もちろん3列シートだ。

アルファード/ヴェルファイア以外の高級上質3列シートを求める層がショッピングリストに挙げるがオデッセイとCX-8だろう。



この2台の販売台数を2018年1月から21年3月までグラフにしてみた。

ホンダ・オデッセイvsマツダCX-8 2018年〜2021年3月月間販売台数の推移

グラフで見てわかるように、CX-8はオデッセイに対して販売台数で優位に立っている。オデッセイは2013年デビューでCX-8は2017年、デビュー年次が4年も違うのだから、当然と言えば当然とも言える。



2018年1月から2021年3月までの39カ月間で

オデッセイは4万5938台(月平均1178台)

CX-8は7万5980台(月平均1948台)

を売り上げた。



それぞれの月販目標販売台数は

オデッセイが1500台

CX-8が1200台

だから、オデッセイは300台ほど目標に対して未達、CX-8は750台上回っていることになる。



上位に、アル/ヴェルという「化け物」がいるから、単純に「Lクラス3列シート」のトレンドがミニバンからクロスオーバー(SUV)へ移りつつあるとは断言できないものの、やはり流れはだいぶ変わったと言える。

次は、「電動化」「CO2排出量低減」という流れが3列シート車にもたらす影響がどうなるか、だ。さて、どうなるか?

情報提供元:MotorFan
記事名:「 ホンダ・オデッセイ とマツダCX-8 3列シートLクラスモデル 売れているのはどちら? オデッセイ歴代モデルの販売動向も見てみる