ホンダは1982年、スリーホイールを採用した新感覚な乗りもの「スリーター」の第2弾(第1弾は前年の1981年に登場したストリーム)として、 荒地や雪道での走りも想定した“レジャーモデル”のジャイロXを発売。車名のGYRO(ジャイロ)は、本来、羅針盤(らしんばん)のことだが、同車の名称はGはグレート(偉大な)、Yはユアーズ(あなたのもの)、Rはレクレーショナル(娯楽の)、Oはオリジナル(独特の)の頭文字を合わせたもの。スリーターの「ジャイロ」はその後、ビジネス車の代表格としてシリーズ化され、ジャイロキャノピーやジャイロUPが誕生した。

REPORT●北 秀昭(KITA Hideaki)

原付免許で運転OK!元々はレジャーモデルとして開発されたが……今では宅配や運搬用として浸透

1982年に発売された初期型のジャイロX。初期型のカラーはレッドのみ。

原付一種にカテゴライズされる49ccエンジンを搭載。原付免許で運転可能だ。

ノンスリップデフ機構やワイルドパターンの低圧ワイドタイヤを採用したジャイロXのリヤ周り。初期型のトレッド(左ホイール真中と右ホイール真中の距離)は360mm。なおホイールスペーサーの装着、ハブの交換、ホイールやタイヤの変更等でトレッドを500mm以上に広げれば、ミニカー(マイクロカー)登録が可能だ。

 原付一種にカテゴライズされた、49ccエンジン搭載のスリーター・ジャイロ X。「スリーター」とは、前1輪・後2輪の三輪=スリー+スクーターの名称を組み合わせた、ホンダが名付けたの通称(※注1)。原付免許で運転可能な、超お手軽モデルとして開発された。



 ジャイロXは、ギアチェンジ操作を省いたVマチック機構、コーナーリング時にフロントボディが左右にスイングするナイトハルト機構、ノンスリップデフ機構、ワイルドパターンの低圧ワイドタイヤにより、3輪ならではの安定性とバイクの持つ軽快な操縦性を兼ね備えた、新感覚のシティコミューターとして誕生。



 ジャイロXは不整地や雪道、坂道などでの優れた走破性能を発揮。現在ではジャイロキャノピーと同様、宅配などに用いられるビジネスモデルとして定着しているが、発売当時は「どこでも走れる」レジャーモデルとして位置付け。ストリームに続くスリーターの第2弾としてリリースされた。

※注1:スリーターというカテゴリーは「スリーホイールで、スイング機構をもち2輪車の軽快性と4輪車の快適性を合わせもつ乗りもの」という意味あいで定義された。
1981年に発売されたスリーターの第1弾、ホンダ・ストリーム。
ホンダ・ストリームは空冷2サイクル単気筒49ccエンジンを搭載した原付モデル。

ジャイロXは76項目(特許・意匠・実用新案の出願合計件数)の先進技術を導入

写真は1982年に発売された初期型のジャイロX。

 ジャイロXにはワンタッチパーキング、ノンスリップデフ、スイング機構など76(特許・意匠・実用新案の出願合計件数)にも及ぶホンダ独自の先進技術が導入された。



 車名のGYRO(ジャイロ)は、本来、羅針盤(らしんばん)のことだが、Gはグレート(偉大な)、Yはユアーズ(あなたのもの)、Rはレクレーショナル(娯楽の)、Oはオリジナル(独特の)の頭文字を組み合わせたもの。「優れた多目的性をもつ(仕事からレジャーまで)独特の乗りものということで、これから次々と楽しい使い方が生まれてくる可能性を秘めている=未知数x=もの」の意味で名付けられた。



 1982年に誕生したジャイロX(初期型)のポイントは、

ジャイロXは三輪ながらコーナリング時、二輪のようにバンク(傾斜)するのが特徴。写真は現行モデル。

・適度な復元力を持つ、ナイトハルト機構のラバースプリングにより、スイングしながらの爽快なコーナーリングを実現。

・リヤ駆動軸にデファレンシャル・クラッチを装備。内輪と外輪の回転差数が自動的に調整されるため、思い通りのコーナーリングを実現。

・スリーホイールであることと、リヤブレーキに採用したイコライザー機構とにより、優れたブレーキ性能を発揮。

・ギヤチェンジの操作を省いた、スクーターならではのオートマチック機構を採用。

・ぬかるみや雪道など、スリップしやすい路面状態でも頼もしい走破性能を発揮するノンスリップデフ機構を装備。

・粘り強く、パワフルな走りをもたらす、5.0馬力の空冷2サイクル単気筒49ccエンジン(初期型)。

・ぬかるみや雪道に威力を発揮する、ワイルドパターンの低圧ワイドタイヤを採用(初期型)。

優れた積載能力を誇るジャイロX。写真は現行モデル。

・2輪車のようなスタンドが不要、駐車の楽なワンタッチ操作のパーキングロック機構。

・ウインカーとヘッドライト(Hi-Low切り替え)のスイッチを一体化した新採用のデュアルスイッチ。

・ポジションランプとヘッドライトの切り替えが同一ボタンでおこなえる新設計プッシュ式ロータリースイッチ。

・ボタン1つで始動できるセルスターター。また、ワックスタイプのバイスタ内蔵キャブレターによりいつでもスムーズ始動。

・ハンドルバイザーにガードされた新感覚のインストル・メントパネル。

・パーキングロックされていることを知らせるパーキングインジケーター。

・防風、防雨のためのジープ感覚のウインドシールド。

・ロングツーリングにも余裕の5L大型燃料タンク。

・薄暮時から夜間まで安心して走行できる30W/30Wのブラックトップ・ハロゲンライト。

・オイルの補給時期を適確に知らせる高輝度LEDの新オイルインジケーター。

・前後に荷物が積めるフロントデッキとリア大型キャリア。

・フロントビューをひきしめ、足もとを泥や水はねから防止する開閉自在のウイングバイザー。

・ユニークな風抜き窓のフロントベンチレーター。



※注:上記は初期型の仕様であり年式により異なる

>>ジャイロXの歴代モデルをチェック!

ジャイロXの初代モデルはコレ

型式:TD01 全長×全幅×全高:1595mm×625mm×1395mm 軸距:- トレッド:- 乾燥重量:81kg 燃費(30km/h定地走行テスト値):71.0km/L 最小回転半径:1.7m エンジン:空冷2サイクル単気筒49cc 内径×行程:- 圧縮比:- 最高出力:5.0ps/6,500rpm 最大トルク:0.56kgm/5,000rpm キャブレター型式:- 始動方式:セルフ式(キック式併設) 点火装置形式:CDI式 燃料タンク容量:5.0L キャスター/トレール:- タイヤサイズ:前3.75-8-2PR 後5.4-6-4PR ブレーキ形式 :前 機械式リーディングトレーリング 後 機械式リーディングトレーリング 懸架方式:前 ボトムリンク式 後 ユニット・スイング式 フレーム形式:アンダボーン

フロントホイールを8→10インチに大径化。前後に大型キャリアを新装備

 フロントホイールは8インチから10インチに大径化。フロントタイヤは横滑りしにくい新パターンを採用。フロントサスペンションのストローク延長などにより、不整地などでもより優れた走行性能を実現させた。



 装備面ではリヤの大型キャリアに加え、フロントにも大型キャリアを新たに装備し、実用性や使い勝手を大幅にアップ。また、時速30km以上で点灯する速度警告灯を装備。寒冷地での使用を想定し、グリップヒーターをオプション設定(9000円高)。ボディカラーはレッド、ブラック、ホワイトの3色設定。

型式:TD01 全長×全幅×全高:1635mm×625mm×1405mm 軸距:- トレッド:- 乾燥重量:81kg 燃費(30km/h定地走行テスト値):71.0km/L 最小回転半径:1.7m 登坂能力:0.34tanθ(約19度) エンジン:空冷2サイクル単気筒49cc 内径×行程:- 圧縮比:- 最高出力:5.0ps/6,500rpm 最大トルク:0.56kgm/5,000rpm キャブレター型式:- 始動方式:セルフ式(キック式併設) 点火装置形式:CDI式 燃料タンク容量:5.0L キャスター/トレール:- タイヤサイズ:前3.50-10-2PR 後5.4-6-4PR ブレーキ形式 :前 機械式リーディングトレーリング 後 機械式リーディングトレーリング 懸架方式:前 ボトムリンク式 後 ユニット・スイング式 フレーム形式:アンダボーン

宅配などのニーズも向上!車体各部の強度や耐久性、出力特性などをアップ

 走破性や積載性に優れたレジャーモデルとして誕生したジャイロX。しかし徐々に酒屋さんの配達や、ピザ屋さんのデリバリー業務を中心に「ビジネスモデル」「実用車」としての人気が上昇。これらの要望に応えるため、車体各部の強度・耐久性の向上や、出力特性などが大幅に改良された。



 空冷4スト単気筒49ccエンジンは、燃焼室形状の変更と変速比のワイド化を図ることにより、低速域での粘り強さを向上させるとともに、発進時の力強さを一層向上。



 また大きな荷物を載せるなど、ビジネスモデルとしての使い勝手を配慮し、フレーム各部、リヤキャリアの取り付け部、リヤホイール、操舵周り、駆動系など各部の強度・耐久性を向上。



 加えてバッテリー液の補水が不要な、メンテナンスフリーのMFバッテリーを採用。寒冷地での使用を想定し、手のひらを暖めるスマートなビルトイン(内蔵)タイプのグリップヒーター装着車も設定された。

ホワイト

レッド
ブルー
型式:A-TD01 全長×全幅×全高:1635mm×625mm×1405mm 軸距:1155mm トレッド:- 乾燥重量:88kg 燃費(30km/h定地走行テスト値):51.2km/L 最小回転半径:1.7m 登坂能力:- エンジン:空冷2サイクル単気筒49cc 内径×行程:40.0×39.3 圧縮比:6.9 最高出力:4.5ps/6,500rpm 最大トルク:0.54kgm/4,500rpm キャブレター型式:PA29 始動方式:セルフ式(キック式併設) 点火装置形式:CDI式マグネット点火 燃料タンク容量:5.0L キャスター/トレール:27°00′/84mm タイヤサイズ:前3.50-10-2PR 後5.4-6-4PR ブレーキ形式 :前 機械式リーディングトレーリング 後 機械式リーディングトレーリング 懸架方式:前 ボトムリンク式 後 ユニット・スイング式 フレーム形式:アンダボーン

カラーリングを変更。どこでも馴染む爽やかなイメージにチェンジ

 シート、リヤフェンダー、ホイールなどカラーリングを他のジャイロシリーズと統一し、クリーンなイメージにチェンジ。カラーはシャスタホワイトのみ。

シャスタホワイト

シャスタホワイト

型式:A-TD 01 全長×全幅×全高:1635mm×625mm×1405mm 軸距:1155mm トレッド:- 乾燥重量:88kg 燃費(30km/h定地走行テスト値):51.2km/L 最小回転半径:1.7m 登坂能力:- エンジン:空冷2サイクル単気筒49cc 内径×行程:40.0×39.3 圧縮比:6.9 最高出力:4.5ps/6,500rpm 最大トルク:0.54kgm/4,500rpm キャブレター型式:PA29 始動方式:セルフ式(キック式併設) 点火装置形式:CDI式マグネット点火 燃料タンク容量:5.0L キャスター/トレール:27°00′/84mm タイヤサイズ:前3.50-10 41J 後130/90-6 53J ブレーキ形式 :前 機械式リーディングトレーリング 後 機械式リーディングトレーリング 懸架方式:前 ボトムリンク式 後 ユニット・スイング式 フレーム形式:アンダボーン

新排ガス規制に対応。最高出力は4.5→5.0馬力にアップ

 エンジンの最高出力を従来の3.3kW(4.5馬力)から3.7kW(5.0馬力)に向上。またリヤタイヤとドライブベルトの材質などを変更することで、耐久性を大幅にアップ。



 新排ガス規制適合のため、キャブレターの最適化を図るとともに、排気管内で未燃焼ガスを再燃焼させる二次空気導入装置(エアインジェクションシステム)を採用し、マフラー内には酸化触媒が配置された。

外観は1993年発売モデルとほぼ同じ。カラーはシャスタホワイトのみ。

型式:BB-TD01 全長×全幅×全高:1700mm×640mm×1405mm 軸距:1205mm トレッド:- 乾燥重量:95kg 燃費(30km/h定地走行テスト値):44.6km/L 最小回転半径:1.7m 登坂能力:- エンジン:空冷2サイクル単気筒49cc 内径×行程:40.0×39.3 圧縮比:7.0 最高出力:5.0ps/6,500rpm 最大トルク:0.57kgm/6,000rpm キャブレター型式:APBB 始動方式:セルフ式(キック式併設) 点火装置形式:CDI式マグネット点火 燃料タンク容量:5.0L キャスター/トレール:25°25´/76mm タイヤサイズ:前3.50-10 41J 後130/90-6 53J ブレーキ形式 :前 機械式リーディングトレーリング 後 機械式リーディングトレーリング 懸架方式:前 ボトムリンク式 後 ユニット・スイング式 フレーム形式:アンダボーン

廉価版の「ベーシック」をラインナップ

 1982年10月~2002年5月、ジャイロXは累計販売台数13万5226台を達成(当時のホンダ調べ)。ジャイロXの多目的な使用を考慮し、ビジネス使用時における使い勝手の良さはそのままに、ウインドシールドとリヤキャリアを廃止した、低価格の「ベーシック」を新設定。両タイプとも車体色には好評のシャスタホワイトに加え、鮮明なファイティングレッドを追加。

ベーシック(シャスタホワイト)

ベーシック(ファイティングレッド)

スタンダード(シャスタホワイト)

スタンダード(ファイティングレッド)

【カッコ内】はベーシック

型式:BB-TD01 全長×全幅×全高:1700mm×640mm×1405mm【1030mm】 軸距:1205mm トレッド:- 乾燥重量:95kg【93kg】 燃費(30km/h定地走行テスト値):44.6km/L【45.5km/L】 最小回転半径:1.7m 登坂能力:- エンジン:空冷2サイクル単気筒49cc 内径×行程:40.0×39.3 圧縮比:7.0 最高出力:5.0ps/6,500rpm 最大トルク:0.57kgm/6,000rpm キャブレター型式:APBB 始動方式:セルフ式(キック式併設) 点火装置形式:CDI式マグネット点火 燃料タンク容量:5.0L キャスター/トレール:25°25′/76mm タイヤサイズ:前3.50-10-2PR 後130/90-6 53J ブレーキ形式 :前 機械式リーディングトレーリング 後 機械式リーディングトレーリング 懸架方式:前 ボトムリンク式 後 ユニット・スイング式 フレーム形式:アンダボーン

厳しい排ガス規制クリアのため、クリーンな水冷4ストロークOHC 4バルブエンジンに変更。リヤホイールは6→8インチに大径化

 平成18年国内二輪車排出ガス規制に合わせ、エンジンを従来モデルの2ストロークエンジンから、2ストよりもCO2を排出しにくい水冷4ストロークOHC 4バルブへと一新。また、CO2の排出を抑制し、優れた始動性に寄与する電子制御燃料噴射システム(PGM-FI)を採用。排気ガスを浄化する触媒装置(キャタライザー)をエキゾーストパイプに内蔵しているのもポイントだ。



 燃費はジャイロXベーシックタイプで、60km/L(30km/h定地走行テスト値)を達成。従来モデルに比べて32%の向上を実現し、CO2の低減を図っている。



 前後ホイールは新設計の軽量なアルミ製に変更。リヤホイールは従来の6インチから8インチに大径化することで、走行安定性をアップ。後輪のトレッドは従来モデルに比べて65mm拡幅化し(430mm→495mm)、走行安定性を向上。また前後輪のブレーキサイズをΦ130mmに大径化することで、制動フィールを高めている。

CO2の排出量が少ない環境に優しい、静かでパワフルな水冷4ストOHC 4バルブエンジン。
吸気バルブ2本+排気バルブ2本=4バルブを採用。またローラーロッカーアームの採用により、バルブ駆動のフリクションを低減。
ベーシック(ファイティングレッド)

ベーシック(シャスタホワイト)

スタンダード(ファイティングレッド)

スタンダード(シャスタホワイト)

【カッコ内】はベーシック

型式:BB-TD01 全長×全幅×全高:1700mm×660mm×1405mm【1050mm】 軸距:1205mm トレッド:495mm 重量:112kg【109kg】 燃費(30km/h定地走行テスト値):59.0km/L【60.0km/L】 最小回転半径:1.7m 登坂能力:- エンジン:水冷4ストロークOHC4バルブ単気筒49cc 内径×行程:Φ38.0mm×44.0mm 圧縮比:12.0 最高出力:4.6ps/7,00rpm 最大トルク:0.45kgm/7,000rpm 燃料供給装置形式: 電子式<電子制御燃料噴射装置(PGM-FI)> 始動方式:セルフ式(キック式併設) 点火装置形式:フルトランジスタ式バッテリー点火 燃料タンク容量:4.7L キャスター/トレール:25°25′/76mm タイヤサイズ:前90/100-10 53J 後130/70-8 42L ブレーキ形式 :前 機械式リーディングトレーリング 後 機械式リーディングトレーリング 懸架方式:前 ボトムリンク式 後 ユニット・スイング式 フレーム形式:アンダボーン

新排ガス規制をクリア。エンジンオイルの点検・交換時に役立つ開閉式の点検窓も設置

 平成28年排出ガス規制適合のため、燃料蒸発ガス抑制装置や、排出ガスの異常を警告する車載故障診断装置を装着。また、リヤフェンダーの左側にエンジンオイルの点検・交換時に役立つ開閉式の点検窓を新たに設置。オイルレベルゲージの延長とあいまって、メンテナンス性を向上させている。

リアフェンダーの左側にエンジンオイルの点検・交換時に役立つ開閉式の点検窓を設置。

ベーシック(シャスタホワイト)

ベーシック(ファイティングレッド)

スタンダード(シャスタホワイト)

スタンダード(ファイティングレッド)

【カッコ内】はベーシック

型式:BB-TD01 全長×全幅×全高:1700mm×660mm×1405mm【1050mm】 軸距:1205mm トレッド:495mm 重量:113kg【110kg】 燃費(30km/h定地走行テスト値):59.0km/L【60.0km/L】 最小回転半径:1.7m 登坂能力:- エンジン:水冷4ストロークOHC4バルブ単気筒49cc 内径×行程:Φ38.0mm×44.0mm 圧縮比:12.0 最高出力:4.6ps/7,00rpm 最大トルク:0.45kgm/7,000rpm 燃料供給装置形式: 電子式<電子制御燃料噴射装置(PGM-FI)> 始動方式:セルフ式(キック式併設) 点火装置形式:フルトランジスタ式バッテリー点火 燃料タンク容量:4.7L キャスター/トレール:25°25′/76mm タイヤサイズ:前90/100-10 53J 後130/70-8 42L ブレーキ形式 :前 機械式リーディングトレーリング 後 機械式リーディングトレーリング 懸架方式:前 ボトムリンク式 後 ユニット・スイング式 フレーム形式:アンダボーン

ホンダ ジャイロXの大まかな種類

情報提供元:MotorFan
記事名:「 ホンダ・ジャイロX|GYROシリーズの第1号は実用スリーターの先駆者