マツダの中核モデルであるMAZDA3とCX-30。ともに世界で売られているグローバルモデルだ。マツダの「4」番バッターは、言わずと知れたCX-5だが、MAZDA3とCX-30も重要なモデルだ。果たして、MAZDA3とCX-30はどちらがどこで売れているのだろうか?

MAZDA3とCX-30は世界でどう売れているか?

MAZDA3とCX-30は、エンジン横置きのCセグHB/セダン/クロスオーバーモデルだ。HBとセダンがMAZDA3、クロスオーバーがCX-30ということになる。



2021年3月のグローバル販売で見ると

 CX-30:2万4441台

 MAZDA3:2万3289台

で、ややCX-30の方が多く売れている。



2020年4月〜21年3月のグローバル販売では

 CX-30:24万3137台

 MAZDA3:19万2636台

となっている。こちらもCX-30の方が多い。



MAZDA3とCX-30を野球チームでなぞらえて「3番バッター」と呼んだが、実質は

2番:MAZDA3

3番:CX-30

と言ったところだろうか?



では、不動の4番バッターであるCX-5はどうか?

21年3月のグローバル販売

 CX-5:4万464台

20年4月〜21年3月は

 CX-5:37万4502台

となっている。やはり4番は偉大だ。



では、各市場の動向を見てみよう。

まずは日本だ。

MAZDA3 vs CX-30 販売台数の推移 JAPAN

日本では、クロスオーバーのCX-30がMAZDA3をやや上回って売れている。とはいえ、そう大差を付けられているわけではない。

MAZDA3 vs CX-30 販売台数の推移 EUROPE

Cセグハッチバックが「王道」であるヨーロッパでは、MAZDA3の圧勝だ。MAZDA3が四半期の最終月(3/6/9/12月)の販売台数が多いことがわかる。

MAZDA3 vs CX-30 販売台数の推移 USA

2019年12月から販売データがあるCX-30(これまでなかったブランニューモデルとして登場)がMAZDA3とほぼ拮抗したセールスをマークしている。20年後半からはCX-30の好調ぶりが際立っている。

日本市場ではどのモデルが売れているか?

MAZDA3セダン 美しいデザインが魅力だが国内では28%にとどまる。

MAZDA3国内ボディタイプ比率

MAZDA3のボディタイプ比率ではFB(ファストバック)が72%、セダンが28%だ。セダン人気が高くない国内市場としては、なかなかセダンが健闘しているといえる(データは2020年4月〜21年4月のもの。以下同様)。

MAZDA3の最上級モデルはSKYACTIV-Xを搭載する。
エントリーグレードは1.5ℓガソリンのSKYACTIV-G1.5を積む。

SKYACTIV-G1.5:40%

SKYACTIV-G2.0:38%

SKYACTIV-D1.8:17%

SKYACTIV-X:5%

となっている。

注目のXは、5%にとどまっている。もっともシェアが高いのは1.5ℓ直4ガソリンエンジンのSKYACTIV-G1.5である。

2020年5月にはセダンでもG1.5が選べるようになっている。上質なベーシックカーとしての素養が高いのが人気の秘密だ。

CX-30

CX-30国内パワートレーン比率

CX-30国内パワートレーン比率

SKYACTIV-G2.0:67%

SKYACTIV-D1.8:31%

SKYACTIV-X:2%



となっている。車重がMAZDA3より重いCX-30には、G1.5の設定はない。多くのユーザーがG2.0を選んでいるが、クロスオーバーモデルらしくディーゼルエンジン比率も31%とかなり高い。一方で、SKYACTIV-Xエンジン比率は2%と低い。CX-30のSKYACTIV-X搭載モデルは、「レア」ということになる。

MAZDA3国内MT/AT比率
CX-30国内MT/AT比率

MAZDA3のMT比率が8%なのに対して、CX-30は3%。SKYACTIV-X比率を見ても、「よりマニアックなMAZDA3」と「人気のクロスオーバーで選んだCX-30」という図式が浮かび上がる。

MAZDA3/CX-30国内ボディカラー比率

ともに人気なのは、まさにマツダのイメージカラーである「ソウルレッドクリスタルメタリック」でともに22%だ。新色のマシーングレープレミアムメタリック、ポリメタルグレーメタリックも人気を集めている。



したがって、

もっとも人気の組み合わせは



MAZDA3:SKYACTIV-G1.5搭載のFB、トランスミッションはAT、ボディカラーはソウルレッドクリスタルメタリック、FFモデルということになる。



CX-30:SKYACTIV-G2.0搭載、トランスミッションはAT、ボディカラーはソウルレッドクリスタルメタリック、FFモデルということになる。

情報提供元:MotorFan
記事名:「 マツダの「3」番バッター、MAZDA3とCX30は日本、欧州で、北米でどう売れているか? SKYACTIV-X比率は?