昨日に続いてボディ編(後半)です。今回はその装備に注目してみよう! 安かろうシンプルであろう……などということはなく、現在販売中のモデルでは、ラーメンの「全部のせ」イッサイガッサイ状態が標準モデルとなる。それでいてこの価格、もはやコレ「浜松の奇跡」と呼ぶしかない!?

ゴールデンウィーク短期集中連載「スイフト博士カモ?」の加茂 新氏解説で贈るスイスポ丸ごと講座・6日目です。



TEXT:加茂 新(KAMO Arata)

クルーズコントロールにシートヒーターまで標準装備の恐ろしさ

2型からはルーフがブラックのツートンカラーが選べるようになった。このクラスでここまで楽しめるなんて、さすが! の一言

ボディ後編は、装備について見ていこう。



ZC33Sの凄いところは、装備品が充実しているというところ。もはや恐ろしささえ感じるほどなのだ。そもそもこのクルマには廉価グレードというものが存在しない。

“1型” と呼ばれる発売から2019年まで発売されていたモデルは標準モデルが約170万円+税。セーフティパッケージ付きが約178万円+税。セーフティパッケージ&全方位カメラが約185万円+税だったのだが……。

“2型” と呼ばれる現在販売されているモデルからは、セーフティパッケージが標準グレードに変更。価格はやや上がって201万7400円(税別183万4000円)でアダプティブ(追従)クルーズコントロールやデュアルセンサーブレーキサポートがついてくる。

セーフティパッケージをレスオプションして購入も可能で、その場合187万4400円(税別170万4000円)となる。

諸経費をプラスするとセーフティパッケージ付きの標準モデルで220万円程度。ベースグレードなら207万円程度が目安となる。

インフォメーションメーターに車速が表示できる! クルーズコントロールの速度上限は1型の115km/hから135km/hに変更となった!

ほかにもオートエアコンも運転席のシートヒーターも全車標準装備。LEDヘッドライトもLEDフォグランプもバックフォグランプも間欠ワイパーも、いまや当たり前だけどスマートキーも標準装備なのであ〜る!

この2型で標準となったセーフティパッケージが凄い。まず、なんといってもアダプティブクルーズコントロールが便利。前走車と任意で決めた3段階の車間距離を保って走り、車線逸脱防止機能はステアリングを切って、車線からはみ出さないようにサポートしてくれる

2型からはブラインドスポットモニターが付き、死角に入った並走車をドアミラーのインジケーターでお知らせしてくれる

さらにデュアルセンサーブレーキサポートは、前のクルマに近づいたりすると警告音と自動ブレーキが作動して衝突を回避したり、ダメージの軽減を図ってくれる。こ~んなに機能がついて約13万円なのである!!

ちなみに代表的イマドキスポーツの86の場合、廉価グレードのGはキーレスは付くがエンジン始動は鍵を差して回し、エアコンはマニュアル式。

普通のクルーズコントロールはつくが、フォグランプはオプション扱い。それでいて267万1900円。



86にアダプティブクルーズコントロールはないが、それ以外をスイフトスポーツに近いグレードを買うと、オートエアコンにLEDフォグランプ、スマートキーが装備されたGTグレードが該当し、こちらは303万7100円。ZC33Sはアダプティブクルーズコントロール付きで約100万円も安いのだ。

加茂のもう1台のマイカーである86後期GTグレード。スイフトスポーツとほぼ同じ装備内容で約330万円。もちろん86の良さもあるが、コストパフォーマンスだけで言えばZC33Sの圧倒的勝利だ

そして、全方位カメラ付きグレードにして指定のカーナビを装着すれば、駐車時に真上から見た仮想映像が見れたり、前も後ろも左側もカメラがついていて確認でき、極めて使いやすい。



推測だが86の場合、「86っていくらするの?」「270万くらいだよ」と。おおよそ普通の人はGグレードを買わないが、GTしかないといきなり300万円オーバーになってしまうし、あえて装備の少ない廉価グレードがあることで、上位グレードが多少高くても売れる可能性が高まるだろう。

スイフトスポーツの場合、スズキの生産能力や作り分けるコストを考えると全車オートエアコン、全車シートヒーター、全車スマートキーにしたほうがシンプルだったのではないだろうか。ともかく購入者としてはこの価格で『トッピング全部のせ』状態は嬉しくてたまらない。【明日へ続く】

情報提供元:MotorFan
記事名:「 スイスポ進化論ボディ編② ラーメンで例えるなら、全部のせ! その装備に注目だ【連載|スズキ・スイフトスポーツを愛しすぎた加茂からのラブレター⑥】