4月28日、フォルクスワーゲンは新型電動SUVの「ID.4」に、ハイパフォーマンスバージョンの「GTX」を設定し、オンラインで発表した。欧州市場では今夏より発売される予定だ。

前後合わせて290psを発揮する2モーターの搭載により、6.2秒の0-100km/h加速を実現

スタンダードモデルのID.4にはリヤアクスルだけにモーターが搭載される後輪駆動モデルだが、このたび発表されたID.4 GTXにはリヤだけでなくフロントアクスルにもモーターが搭載され、四輪を駆動。モーターの最高出力は2基合わせて290psを発揮する。0-100km/h加速タイムは6.2秒をマークし、最高速は180km/hでリミッターが介入する。バッテリーは77kWhで、最大航続距離は480kmと発表された。

エクステリアでは専用バンパーの採用に加えて、フロントバンパー両端にハニカムデザインのLEDデイタイムランニングライトを搭載。ルーフとリヤスポイラーをブラックに、ルーフフレームバーを光沢のあるアンスラサイトにペイントするカラーリングも特徴的だ。

インテリアはレッドステッチが随所に施されるほか、ステアリングホイルやシートバック、スキッドプレートに「GTX」が表示され、高性能モデルを主張する。

情報提供元:MotorFan
記事名:「 フォルクスワーゲンの新型コンパクト電動SUV「ID.4」に四輪駆動のハイパフォーマンスモデル「GTX」が追加! オンラインで発表