機能性ばかりではない、見た目も重視したライディングウェアを着て颯爽と走りたい。

そう思ったことがあるライダーは少なくないはず。

バイク乗りの悩みに「バイクを降りたときに、着ているものが周囲の人たちから浮くこと」を上げる人も多い。そんな悩みに応えてくれるブランドがこのMaxFritzだ

そろそろ冬ジャケットもおしまいの時期になリつつある一方で、メッシュジャケットにはまだ早い。

「春から初夏まで(と夏が終わって冬に入るまで)」の今の季節。

インナーで調整するのもアリですが、その期間をカバーするカッコいいジャケットが欲しくなりませんか?



そこで向かったのは(MaxFritz)マックスフリッツ本店。「バイク乗りの普段着」をテーマに2000年にスタートしたブランドで、東京都葛飾区にあります。

機能性とファッションが同居する大人のバイクウェアで、ツーリングに街に、そしてカフェにも似合うスタイルが魅力です。

入口から入ってすぐにレディスジャケットが並ぶ
奥にはパンツがずらり。お気に入りの一枚が見つかるはず

女性ライダーにとっての”あるある”が、ライディングウェアで男性向けに比べて、ラインナップが圧倒的に少ない!ということ。

ですが、マックスフリッツは違います。

本店はお店に入ってすぐ、レディスコーナーがドーン。ジャケットもパンツもたっぷり並ぶ店内にワクワクします。



店内をウロウロと歩き回り、私のお眼鏡に叶った候補はこちらの3つ。

2つは同じ型で色違い。もう1つの型は肘と肩にパッドが入っています。両方ともインナーがメッシュになっていて、ベンチレーションもある。なのでけっこう長い期間着られそう。

カモフラの前
カモフラの後ろ
●迷彩クラブマンライダース(デニム生地)

商品番号:MFB-2340

価格:33,000円(消費税込)



プロテクターが入るポケットはないものの、肩やヒジなどは生地が厚めに縫製してある。

背中と胸のインナーポケットには専用のプロテクターが入る。

後ろ姿がスッキリ見えるパターンに縫製。

全体的にシュッとしていて高速走行時もバタつかない。

腕の内側、背中はベンチレーションになる。胸ポケットも開けていれば背中へと風が抜ける設計。

ポケットはお腹部分に左右1つずつ、インナーの胸ポケットは専用の胸部プロテクターが入れられる
パッド入りのほうの前。パッドの分の余裕をもたせて作ってあるため、1つ下のサイズでOKでした
パッド入りのほうの後ろ
●ループドデニムジャケット(デニム生地)

商品番号:MFB2214

価格:33,000円(消費税込)



肩、ヒジ、背中にプロテクター装備。

後ろ姿がスッキリ見えるパターンに縫製。

全体的にシュッとしていて高速走行時もバタつかない。

腕の内側、背中はベンチレーションになる。胸ポケットも開けていれば背中へと風が抜ける設計。

ポケットはお腹部分に左右1つずつ、インナーの胸ポケットは専用の胸部プロテクターが入れられる

散々迷ってこの2着購入することに! 明日からもやし食べて頑張ります。。。

2着を着回しすれば、より長持ちしますものね!(ちょっぴり負け惜しみ)

ライディングパンツも数多くそろっています。 マックスフリッツのパンツは、ヒザに外側からプロテクターが出し入れできるポケットが付いているのが特徴。レディス、メンズでサイズがそろっているモデルが多く、カップルでお揃いにしてもイイかも。
ほかにもブーツやグローブ、ハンチング帽などカッコいい・おしゃれなものがたくさん並んでいます。

マックスフリッツのうれしいところは、破損しても修理がお願いできること。

ほつれてしまったり穴が開いてしまったり。使っていればできてしまいがちなダメージも修理してくれます。

お気に入りのモノをより長く使いたい。そんなライダーの気持ちを大切にしてくれるブランドです。

MaxFritz本店

郵便124-0005

東京都葛飾区宝町1-1-21

TEL 03-5671-6335

営業時間 11:00-19:00

水曜日定休

https://maxfritz.jp/

☆各地にフランチャイズで店舗展開

情報提供元:MotorFan
記事名:「 Theライダー!な感じのなるべくしない、野暮ったくない女性用ライディングウェアを買いにいった! |マックスフリッツ