カーボンニュートラルなモビリティ社会実現に向けて、4月22日に「水素エンジン」の技術開発に取り組む方針を明らかにしたトヨタはこのほど、「カローラ スポーツ」をベースとした競技車両のテスト走行を開始したと発表した。この競技車両は、5月21日から23日に開催される「スーパー耐久シリーズ2021 Powered by Hankook」の第3戦 NAPAC 富士スーパーテック24時間レースから、「ORC ROOKIE Racing」の参戦車両として投入される予定だ。



走行中に二酸化炭素が発生しないことから優れた環境性能を持つと同時に、燃焼の速さはガソリンよりも速く、応答性が高い

トヨタの「MIRAI」等に使用されている燃料電池(FC)が、水素を空気中の酸素と化学反応させて電気を発生させモーターを駆動させるのに対し、水素エンジンは、ガソリンエンジンから燃料供給系と噴射系を変更し、水素を燃焼させることで動力を発生させるもの。ガソリンエンジンでも発生するごく微量のエンジンオイル燃焼分を除き、走行時に二酸化炭素は発生しない。

水素エンジンにおける水素の燃焼の速さはガソリンよりも速く、応答性が高いという特徴がある。優れた環境性能を持つと同時に、クルマが持つ、音や振動を含めた「クルマを操る楽しさ」を実現する可能性を秘めている。

カローラ スポーツの競技車両に搭載される水素エンジンは、排気量1618ccの直列3気筒ターボで、昨年9月に発売されたGRヤリスなど、モータースポーツで鍛え続けてきた技術も活かしているという。安全性については燃料電池車の開発やMIRAIの市販を通して、積み重ねてきた技術・ノウハウを活用していくとのこと。



なお、競技中には福島県浪江町の「福島水素エネルギー研究フィールド」にて製造された水素を使用する予定。水素活用の促進によりインフラ拡大を目指すとともに、引き続き経済復興・地域の活性化に向けた取り組みも関係者とともに進めていく方針だ。

トヨタはこれまでもカーボンニュートラルへの実現に向けて、FCVのみならず多くのFC製品の普及による水素活用の促進を目指し、取り組みを強化してきた。このたび開発を表明した水素エンジン技術をモータースポーツでさらに鍛えることで、トヨタはより良い水素社会の実現を目指していく。

情報提供元:MotorFan
記事名:「 「水素エンジン」の技術開発に挑戦中のトヨタがカローラ スポーツをベースにした競技車両のテスト走行を開始!