4月27日、ジャガー・ランドローバー・ジャパンは、レンジローバースポーツに特別仕様車「レンジローバースポーツHST+」を設定し、限定29台の受注を開始した。税込車両価格は1284万円〜1290万円。

ボディカラーがフジホワイトとカルパチアングレイの2色を設定

この特別仕様車は、2021年モデルから追加となった、マイルドハイブリッド仕様の3.0ℓ直列6気筒「インジニウム」ガソリンエンジン(400ps/550Nm)を搭載した新グレード「HST」をベースに、22インチ"スタイル5086"5スプリットスポーク(グロスブラックフィニッシュ)を装着し、外観の個性を高めている。

フジホワイトのボディにはエボニー/アイボリーシート(エボニーヘッドライニング)を組み合わせる

ボディカラーはフジホワイトとカルパチアングレイの2色が設定され、インテリアはそれぞれエボニー/アイボリーシート(エボニーヘッドライニング)、エボニー/エクリプスシート(シーラスヘッドライニング)が組み合わされている。



このほか、ハイスピードエマージェンシーブレーキ、ブラインドスポットアシスト、アダプティブクルーズコントロール(ステアリングアシスト付)、レーンキープアシスト、パークアシスト機能を含むドライバーアシストパックが搭載され、安全性や利便性も向上している。

カルパチアングレイのボディにはエボニー/エクリプスシート(シーラスヘッドライニング)を組み合わせる

発売台数はフジホワイトのボディ(税込車両価格1290万円)が15台、カルパチアングレイ(税込車両価格1284万円)が14台の、計29台だ。

●ランドローバー公式WEBサイト

情報提供元:MotorFan
記事名:「 レンジローバースポーツに6気筒エンジン搭載車初となる特別仕様車「レンジローバースポーツHST+」が登場! 29台限定で受注開始