4月23日から発売が開始され、早くも受注好調という噂が漏れ伝わってくる新型ホンダ・ヴェゼル。ホンダアクセスからは純正アクセサリーが多数用意されている。自分好みに新型ヴェゼルを「セルフエクスプレッション」できるアイテムの数々、その一部をご紹介しよう。

精悍なメッキグリル、大画面の9インチナビ、ワイドなリヤスポイラーに注目

ホンダアクセスが今回、新型ヴェゼルのアクセサリーパーツ開発に際してコンセプトに掲げたのは「セルフエクスプレッション」。自分流に新型ヴェゼルを表現してほしい、という思いが込められている。



エクステリアアイテムには2タイプのスタイリングコーディネートを設定した。「カジュアルスタイル」はフロントグリルやアンダースポイラー、ドアミラーカバーなどにカッパーやブラウンの差し色を組み合わせているのが特徴だ。ホイールも新デザインの18インチタイプが組み合わされており、新型ヴェゼルの都会的なスタイリッシュさをいっそう際立たせている。

新型ホンダ・ヴェゼルをベースにしホンダアクセスの純正アクセサリーでコーディネイトした「カジュアルスタイル」。

「カジュアルスタイル」で装着しているアイテムは、個別に購入することも可能だ。

フロントグリル(4万4550円)とフロントロアースカート(4万6200円)にはカッパーカラーがあしらわれている。
サイドロアーガーニッシュ(4万1800円)はやや色の濃いブラウンカラー。
リアロアーガーニッシュ(3万800円)と、左右にはリアロアースカート(3万800円)を装着。
18インチホイールMS-045(4万6200円/1本)は、ハイコントラストシルバー塗装が施されている。

「アーバンスタイル」はよりスポーティに仕立てられた印象だ。ノーマルのボディ同色グリルと比べると顔の圧が強めなフロントグリルや、ボディカラーとクロームメッキで構成された前後左右のアンダースポイラーが目を引く。また、エキパイフィニッシャーやCピラーデカールといった小物類もアクセントとして効いている。

こちらは「アーバンスタイル」。クロームメッキがあしらわれたアイテムが上級感を醸し出している。

「アーバンスタイル」の後ろ姿。

クロームメッキが周囲を彩るフロントグリル(4万1250円)、ロワード感を強調するフロントロアースカート(4万6200円)は人気が出そうなアイテムだ。

エキパイフィニッシャー(9900円)はお手軽な価格も嬉しい。
ワンポイントのアクセントにピッタリなCピラーデカール(左右セット1万1000円)。

両スタイルに共通のアイテムとして、テールゲートスポイラーにも注目したい。LEDのロングハイマウントストップランプが搭載されており、新型ヴェゼルの後ろ姿にワイド感をプラスしている。

LEDロングハイマウントストップランプが備わるテールゲートスポイラー(5万5000円)。

カジュアルスタイルとアーバンスタイル、両コーディネイトで用いられているアイテムはもちろん個別で購入可能だ。自分のセンスで「セルフエクスプレッション」していただきたい。



さて、インテリアアイテムではLEDイルミネーションアイテムが多数用意されている。ユーザーの好みに応じて、イルミネーションのカラーはホワイトとブルーから選ぶことができる。また、ホンダコネクトに対応し、ハイグレードスピーカーシステムとの同時装着でヴェゼル専用の音響チューニングで音楽を楽しめる専用の9インチプレミアムインターナビにも注目だ。

センターコンソール、助手席足元、ドリンクホルダー部などにイルミネーションを装着可能。ブルーとホワイト、2色のLEDから選べる。

シフト周りを彩るセンターコンソールイルミネーション(3万8500円)。
ドリンクホルダーイルミネーション(1万1000円)はホワイトのみ。
ヴェゼル専用9インチ プレミアム インターナビ「VXU-215VZi」は19万8000円。

そのほか、使い勝手をさらに向上させるアイテムも勢揃いしており、これらを組み合わせれば、新型ヴェゼルが遊びの相棒としてますます活躍してくれることだろう。

縁高タイプのラゲッジトレー(1万4300円)、シートバックトレー(1万9800円)を組み合わせることで、遊びの荷物を気兼ねなく積めるように。

暗い場所での荷物の積み下ろし時に役立つLEDテールゲートライト(1万1000円)。

ブラックのシートカバー(5万5000円)。前席の後ろにはポケットが備わる。

リヤゲートに取り付けるため、収納する手間がいらないトノカバー(1万3200円)。

情報提供元:MotorFan
記事名:「 【新型ホンダ・ヴェゼル】この顔にピンと来たら、ホンダアクセスの純正アクセサリーを要チェック!