KYBは、制御技術と油圧技術を統合した電子制御サスペンションシステムをスノーモービルに展開する。

 KYBは、制御技術と油圧技術を統合した 電子制御サスペンションシステム“KADS” を、Bombardier Recreational Products(BRP)社のスノーモービル:MXZ X-RS、RENEGADE X-RS、MACH Zの2022年モデルに展開する。KADSとはKYB Actimatic Damper Systemの接頭語。二輪車で作り込んだ各構成部品とそれらを統合する制御技術を展開し、システムとしては‘グランドフック’コンセプトに基づいたコーナリング中のロール発生を抑制する同社独自の新しい姿勢制御を追加した。これにより、ライダーはあらゆる走行シーンでも安定した左右スキーの接地力と車両姿勢(安心感)を得られる。

ECU(Electronic Control Unit):スノーモービル用に新開発した独自制御により、車両に搭載されている複数のセンサからリアルタイムで車両姿勢を検知。あらゆる雪面においてもシーン(走る、止まる、曲がる)に合わせてサスペンションの減衰力を適切な状態へ自動で調整する。

サスペンション(フロントクッションユニット/リアクッションユニット):二輪車で採用したソレノイドバルブ構造を転用し、高い反応速度で広域な減衰力調整幅を実現した。

BRP・RENEGADE X-RS

情報提供元:MotorFan
記事名:「 KYB:電子制御サスペンションシステム“KADS”をスノーモービルに展開