Vストロームはスズキが送り出すアドベンチャーバイクです。シリーズ最小の250もコンセプトは同じ。ただし、アグレッシブな冒険旅ではなく、のんびりと旅を楽しむのに最適なバイクとして多くの支持を得ています。Vストローム250のツーリング性をチェックしてみました。



REPORT●栗栖国安(KURISU Kuniyasu)

PHOTO●山田俊輔(YAMADA Shunsuke)

スズキ・Vストローム250 ABS……613,800円

 シリーズ共通のアドベンチャースタイルのボディは、250㏄クラスとは思えないほど大柄です。でもこの大きさが好調な販売につながっている要因のひとつじゃないかと僕は思っています。大型バイクに長年乗り継いできたベテランは、体力の衰えを感じ始めた時期から愛車のダウンサイジングを考えます。しかしプライドがなかなか許さない。結局、ムリして大型バイクに乗り続けた結果、体が根を上げてしまい、手放してしまう。その点Vストローム250はクラスオーバーの車格なので見栄は張れるし、それでいて取り回しはラクなので体力的にも耐えられます。つまり、熟年ライダーには一石二鳥のバイクということができるのです。

 ひとクラス上のサイズを持つボディは、ゆったりとリラックスした乗車姿勢がとれます。シートの座面もワイドでお尻がラクですし、ポジションもアップライトです。800㎜と低く抑えられているシート高のおかげで足つき性も良好。そして実際に乗り心地は快適です。車重は189㎏あるので決して軽くはないのですが、取り回し性は想像するほど重くはありません。体力低下が著しい僕のようなオジさんにも十分に扱えるレベルです。

 燃料タンク容量は17Lです。低燃費エンジンということもあり満タンでの航続距離は長く、計算上は500㎞以上走れます。ガソリンスタンドが減少傾向の昨今、ツーリングでの安心感を高めてくれます。

足つきチェック(モデル:大屋雄一 175cm/64kg)

上体もラクな姿勢がとれるしヒザの曲がりもきつくない。ハンドルはもう少し幅が広くてもいいかな?という印象は受けたが、低速での操作やツーリングで快適な走行ができるのはたしかだ

800mmのシート高は同クラスのデュアルパーパスモデルの中でもかなり低い。加えて乗車時にサスが沈むので、とにかく足つき性は良好だ。これなら多少足場の悪いところでも不安なく停止できる。なにより、足が着く安心感に親しみを覚えるはずだ

 スタートすると、並列2気筒らしいスムーズなパワーフィーリングで加速します。6500回転で最大トルクを発生する低中速型のエンジン特性なので、通常の走行で力不足を感じることはありませんし、発進加速で車に後れを取るなんていうこともありません。パンチ力はないですが必要十分な性能です。そして高速走行でも100km/h巡航はラクにこなしてくれます。それどころか、そこからさらに加速する力をちゃんと持っています。最高出力24psのスペックは250㏄クラスとしては標準的ですが、2気筒であるぶん余裕があるように感じました。

 足回りは前後とも17インチのキャストホイールにチューブレスのオンロードタイヤを装着しています。このことからも理解できるように、Vストローム250のフィールドはあくまでもオンロード。すなわちロードアドベンチャーバイクということになります。アドベンチャーツアラーというと優れたオフロード走破性を連想しがちですが、少なくとも国内ではオフロードを走る機会はそう多くありません。大半のユーザーが高速道路を利用したオンロード中心のツーリングをしています。そうした現実にVストローム250の装備は合っていると思います。ハンドリングも安定性重視でゆったり走るのに向いています。

 オフロード走破性については、路面が固く締まったいわゆるフラットダートなら、それほど不安を感じることなく走ることができます。しかしぬかるんだ道や轍が深く荒れた道では、装着されているオンロードタイヤではグリップを期待できません。ムリをしないで走る必要があります。Vストローム250はあくまでもオンロードバイクなのです。だからといって必要以上にダート路を怖がることはありません。道路工事などで舗装がはがされている場所を通過することはツーリングではよくありますが、そうした場面に遭っても、少しスピードを抑えて進入すれば、何食わぬ顔で通過できます。このようにツーリングでの走行性に関して不満はありません。

 肩の力を抜いてバイクと付き合う。Vストローム250とはそんな接し方がだれにでもできるんじゃないかと思います。突出した性能はありませんが、穏やかで優しいパワーフィーリングは無茶な走り方をさせないですし、安定性が高く快適な乗り心地を提供してくれるボディはツーリングに最適です。荷物の積載スペースも確保されていますし、必要ならアクセサリー用品のトップケースやサイドケースを装備すればロングツーリングにも不足はありません。いずれにしても、充実したバイク旅を演出してくれる要素がVストローム250にはあるのです。

くちばしをイメージしたマスクはスズキアドベンチャーモデルの伝統。小型ウインドスクリーンやハンドガードが走行風や飛び石などからライダーの体を守る

インパネはフル液晶ディスプレイを採用。速度、回転、燃料計、時計をはじめ、ギヤポジションや平均燃費計がツーリングをサポート。左側に電源ソケットが装備

水冷SOHC並列2気筒エンジンは、低中速重視の特性としていて、常用域で必要十分なパワーを発揮する。またスムーズな吹け上がりで高回転までストレスなく伸びる

キャストホイールにチューブレスタイヤ装着で耐パンク性に優れる。サイズは前後17インチでオンロード性を重視。ブレーキはシングルディスクでABS装備
モノショック式のリアサスによってマスの集中化を図るとともに、必要なストロークを確保。フロントサスと合わせて、フラットダートを走り抜けるには十分な性能
座面が広く前後長も十分にあるダブルシートは、程よいクッション性で長時間走行にも疲れにくい。さらに着座位置の自由度も大きいのでライダーの体格を選ばない

荷物の積載に高い能力を発揮するアルミリアキャリア。サイドケース装着のためのアタッチメントも標準装備してあるので、トップケース含めて装備が簡単

Vストローム250 ABS 主要諸元

型式 2BK-DS11A

全長/全幅/全高 2,150mm/880mm/1,295mm

軸間距離/最低地上高 1,425mm/160mm

シート高 800mm

装備重量 189kg

燃料消費率 国土交通省届出値:定地燃費値 39.0km/L(60km/h)2名乗車時

WMTCモード値 31.6km/L(クラス2、サブクラス2-2)1名乗車時

最小回転半径 2.7m

エンジン型式/弁方式 J517・水冷4サイクル2気筒/SOHC2バルブ

総排気量 248cm3

内径×行程/圧縮比 53.5mm×55.2mm/11.5:1

最高出力 18kW〈24ps〉/8,000rpm

最大トルク 22N・m〈2.2kgf・m〉/6,500rpm

燃料供給装置 フューエルインジェクションシステム

始動方式 セルフ式

点火方式 フルトランジスタ式

潤滑方式 ウェットサンプ式

潤滑油容量 2.4L

燃料タンク容量 17L

クラッチ形式 湿式多板コイルスプリング

変速機形式 常時噛合式6段リターン

変速比 

 1速 2.416

 2速 1.529

 3速 1.181

 4速 1.043

 5速 0.909

 6速 0.807

減速比(1次/2次) 3.238/3.357

フレーム形式 セミダブルクレードル

キャスター/トレール 25°10'/100mm

ブレーキ形式(前/後) 油圧式シングルディスク[ABS]/油圧式シングルディスク[ABS]

タイヤサイズ(前/後) 110/80-17M/C 57H/140/70-17M/C 66H

舵取り角左右 36°

乗車定員 2名

排出ガス基準 平成28年二輪車排出ガス規制に対応



製造国 中国

情報提供元:MotorFan
記事名:「 フラットダートくらいはイケるから安心。スズキV-STROM250をツーリング目線で検証