売れっ子自動車ジャーナリストの岡本幸一郎さんが選んだ「最強のお買い得車」は、スズキ・スイフトスポーツ、ランドローバー・ディフェンダー、マツダ6。特にマツダ6はマツダのフラッグシップにふさわしい完成度の高さを備えつつ、200万円台から購入が可能という驚きの1台となっている。



TEXT●岡本幸一郎(OKAMOTO Koichiro)

1台目:スズキ・スイフトスポーツ|201万7400円-208万8900円

「コスパ」と聞いて真っ先に思い浮かぶのは、やっぱりスズキ・スイフトスポーツですね。約200万円というリーズナブルな価格ながらしっかり作り込まれていて、パワフルなエンジンとエキサイティングなハンドリングと優れた操縦安定性を身につけていて、ドライブした誰しもに「楽しい!」と直感させるものがあります。



日本だけでなく走りの本場である欧州でも非常に高く評価されていると言えば、より説得力も増すことでしょう。中身のよさは外見にも表れていて、見た目にも特別感があります。



まさしくコスパの申し子のようなクルマ。すでに購入した誰しもが同じように感じていることと思います。

スズキセーフティサポート非装着車だと187万4400円から購入できるスイフトスポーツ。これをお買い得と言わずに何を言う!?

2台目:ランドローバー・ディフェンダー|529万円-1124万円

一方で、コスパという言葉には「安い」というニュアンスがありますが、多少は高くても価格のわりに性能や価値が高いという意味もあって、それにピッタリ当てはまるのが、新世代のディフェンダーだと思っています。



最大の魅力はいうまでもなくこのデザインです。この超個性的なルックスは目にした誰しもに強烈なインパクトを与えます。しかも昔とぜんぜん違うように見えて、往年のファンが喜ぶものを随所に取り入れているのも泣かせます。外観だけでなくインテリアも非常にユニークで飽きさせません。



さらには見た目だけでも十分に魅力的なのに、走りがこれまた驚くほどよくできています。悪路走破性はいわずもがなとして、内容的にもはるかに高価なレンジローバーと共通性が高いというだけあって、見た目のイメージとは裏腹に舗装路を軽やかで快適に走れることにも感心させられました。



聞いたところでは、あまりの人気により納期にかなり時間を要するとのこと。気になる人はお早めにオーダーしたほうがよさそうです。

5ドアの110と、3ドアの90がラインナップ。後者はこの4月にようやく日本上陸を果たした。

至るところに張り巡らされたグリップなど、インテリアでもタフさを主張する。

プロ野球の読売ジャイアンツをサポートするジャガー・ランドローバー・ジャパン。オフィシャルカーとしてディフェンダー110など70台が提供されている。

3台目:マツダ6|289万3000円-429万9500円

そしてもう1台、中身のわりに安いなと常々思っているのが、マツダ6です。セダンやワゴンの需要が冷え込む中ではありますが、最新版のマツダ6の完成度の高さをあらためてお伝えしたく、あえて挙げたく思います。



なにせマツダのフラッグシップですよ。堂々たるサイズと妖艶なスタイリングにクラフトマンシップすら感じさせるインテリアに加えて、走りも上々の仕上がり。それが200万円台から買えるなんて、まさに驚異的なコスパの高さです。直6を積んでFRになるとウワサの次期型は、とてもここまで安くはならないでしょうからね。

2012年に登場した3代目アテンザは、19年にマツダ6へ改名。長寿モデルだが数々の改良が施され、マツダのフラッグシップサルーンにふさわしい性能をキープしている。

12年の登場時からは似ても似つかぬ姿に変貌を遂げているインテリア。

セダンだけでなく、ステーションワゴンもラインナップするマツダ6。後ろ姿も美しい。

近況報告

コロナ禍の中、長男が年長生になった幼稚園に長女が入園した。近々に予定されていた楽しいはずのイベントがずいぶん中止or縮小されてしまうようだが、同じ幼稚園に兄妹で通う貴重な1年をできるだけ有意義に過ごして欲しいと切に願う。

『プロが選ぶ最強のお買い得車』は毎日更新です!



予算に限りがある庶民にとって、車選びの際にこだわりたい要素が「コストパフォーマンス」。つまり、その車がお買い得かどうか、ということ。ただ安ければいいというわけではありません。ポイントは「値段と性能が釣り合っているか」。だから、価格が安い軽自動車だからコスパがいいとは限りませんし、1000万円以上のスーパーカーだってその価格に見合う機能や魅力があればお買い得と言えます。



というわけで、自動車評論家・業界関係者といった「クルマのプロ」たちに、コストパフォーマンスが高い「お買い得」な新車を3台ずつ、毎日選んでいただきます。明日の更新もお楽しみに。

情報提供元:MotorFan
記事名:「 【プロが選ぶ最強のお買い得車|マツダ 6】マツダのフラッグシップが200万円台から買えるなんて!