いまでこそすっかり珍しくなくなったアイドリングストップシステム。いずれも技術の肝は「いかに早く滑らかに再始動するか」である。マツダがSISSと称するシステムでとった手段は非常にユニークなものだった。

TEXT:世良耕太(SERA Kota)

2005年の東京モーターショーに、マツダはスマート・アイドリング・ストップ・システム(SISS)と呼ぶアイドリングストップシステムを出展した。SISSは圧縮行程にあるシリンダーに燃料を噴射して点火し、クランクを逆回転させて別のシリンダーで強い爆発力を得、正回転に戻してエンジンを始動する仕組み。スターター不要の画期的なシステムだが、100%の確率が得られずお蔵入りとなり、スターター方式の現行i-stopが実用化された。



アクセラに投入したハイブリッドシステムには、こうした長年の取り組みが生きているという。i-stopとハイブリッドで始動時の思想が異なるのは、「速さ」を求めたi-stopに対し、「なめらかさ」を求めた点。

SKYACTIV-HYBRID

スターターによる通常のクランキング回転は250rpmだが、マツダのハイブリッドは約4倍の800rpm付近でクランキング。ショックが最も小さくなるタイミングを狙って着火させている。火を点けながらスロットルを少しずつ開けていく職人技の世界。

始動スピードが求められるi-stopは上死点後、膨張行程に入ってからピストンを止めているが、ハイブリッドは圧縮行程の上死点前で止めている。ショックのレベルをデータ取りしたうえで決めた。狙いのピストン停止位置は制御でコントロール。

情報提供元:MotorFan
記事名:「 内燃機関超基礎講座 | クランクを逆回転させるアイドリングストップシステム:マツダSISS