4月26日、メルセデス・ベンツ日本はEQCに続く新世代ピュアEV第二弾となるコンパクトSUV「EQA」の日本導入を発表し、同日発売した。発売されるのは「EQA250」の1グレードで、税込車両価格は640万円。

「EQA 250」は190ps/370Nmを発揮するモーターをフロントに積む前輪駆動モデル

EQAは、全長4465×全幅1835×全高1625mmと、日本の道路環境下において取り回しのよいボディサイズでありながら、SUVとしての日常の使い勝手も両立させた電気自動車だ。

190ps/370Nmを発揮するモーターはフロントアクスルに搭載され、前輪を駆動。十分な加速力を持ちながら、従来のクルマからの乗り換えであっても違和感を感じないスムーズな制御がされている。モーターの搭載方法を工夫し、モーターからの振動や騒音が車内に伝わらないよう配慮した結果、従来の電気自動車よりもさらに静粛性を高めている点も特徴だ。

高電圧のリチウムバッテリーは前後アクスル間のアンダーフロアに搭載。容量は66.5kWhで、一回の満充電で422km(WLTCモード)の航続距離を実現している。なお、バッテリーは6.0kWまでの交流普通充電と、100kWまでの直流急速充電(CHAdeMO規格)に対応している。

航続距離をのばす策としては、高電圧バッテリーの搭載に加えて、効率的な回生制御が採用されている。回生ブレーキの強度は5段階の手動設定が可能。パドルは左側が回生レベルの上昇、右側が低減のスイッチとなっており、以下の段階が設けられている。なお、完全に停車させるときは、回生ブレーキの設定に関係なく、これまでと同様のブレーキ操作を行う必要がある。

・D+:コースティング

・D:軽度の回生ブレーキ

・D-:中程度の回生ブレーキ

・D--:強度の回生ブレーキ

・D Auto:前走車との車間距離、登坂・降坂などの道路状況などを加味し、 最適な強度の回生ブレーキ

デザインは、メルセデス・ベンツのデザインの基本思想である「センシュアル・ピュリティ(官能的純粋)」をより先進的に表現する「プログレッシブ・ラグジュアリー」というコンセプトの下にまとめられている。

AMGライン装着車

フロントには、中央にスリーポインテッドスターを配したブラックパネルグリルを採用。また、水平に伸びる光ファイバーの帯がフルLEDヘッドライトのデイタイムランニングライトを結び付け、昼夜を問わず容易に識別されるデザインとなっている。オプションのAMGライン(税込47万2000円)を選択すると、フロントのブラックパネルグリルにハイグロスブラックのフレームとツインルーバーがあしらわれ、引き締まったスポーティな印象を高めている。

サイドビューは全体としてメルセデス・ベンツの都市型SUVの特徴である、シンプルな力強さと、リヤエンドに向かってなだらかに下降していくルーフラインと上下方向に スリムなサイドウィンドウを採用し、スタイリッシュさを表現。標準仕様には、空力を追求した18インチの5スポークアルミホイール、AMGライン仕様には繊細なデザインが特徴の20インチのAMGマルチスポークアルミホイールを装着する。

AMGライン装着車

リヤエンドにおいても、メルセデスEQ独自のデザインが取り入れられている。LEDリヤコンビネーションランプは、中央に向けて次第に細くなるLEDのライトストリップに滑らかに一体化されており、リヤビューの幅を強調するとともに、先進性が表現されている。

インテリアにもEQ独自のデザイン要素が採用されている。助手席前方のインストルメントパネルには、スパイラル調(バックライト付)インテリアトリムが採用され、夜間にはアンビエントライトの設定により64色から選択できるバックライトが先進性を表現する。円形のエアアウトレットは、ジェットエンジンのタービンを想わせるスポーティなデザインで、内部のタービンブレードがローズゴールドとなる(AMGライン選択時はシルバー)。

標準仕様のインテリアにはシート中央部分がローズゴールドのファブリック、その他の部分がチタニウムグレーのレザーARTICOとなるデザインを採用。このインテリアは、サステナビリティにも配慮し、ペットボトルからのリサイクル原料で作られたファブリックを使用している。AMGライン仕様にはレッドステッチ入りのレザーDINAMICAシートが採用され、オプションでブラックのレザーシート(税込19万6000円)も選択できる。

荷室容量は340ℓを確保。40:20:40の分割可倒式リヤシートを倒すと最大で1320ℓに容量を拡げられる

このほか、対話型インフォテイメントシステム「MBUX(メルセデス・ベンツ・ユーザー・エクスペリエンス)」や、テレマティクスサービスの「メルセデス・ミー・コネクト」、運転支援機能といった先進技術が積極的に採用されている。

●メルセデス・ベンツ公式WEBサイト「EQA」

情報提供元:MotorFan
記事名:「 メルセデス・ベンツの新型コンパクト電動SUV「EQA」が発売! 422kmの航続距離を実現する66.5kWhのバッテリーを搭載