4月26日、ホンダの日本におけるモビリティサービス事業会社であるホンダモビリティソリューショズは、栃木県宇都宮市と共同で、地域内交通の利便性・効率向上を目指し、予約・配車システムを用いたオンデマンドモビリティサービスの実証実験を、今年5月に宇都宮市河内地区および清原地区で開始すると発表した。

Hondaインターナビのデータを活用して、乗り合い型のオンデマンドモビリティサービスの予約・配車システムを開発。今回の実証実験でその有効性を検証する

宇都宮市では、高齢化に伴い、自家用車での移動に困難を抱える方が増えており、地域内交通の需要が高まっている。そのなかで、電車やバスなどの公共交通機関とのスムーズな乗り継ぎへのニーズや、運転手の人手不足などの課題があり、より効率的な運行が求められている。



ホンダモビリティソリューションズはこれらの課題を解決し、利用者がより快適に移動できる環境を構築するため、Hondaインターナビのデータを活用して、乗り合い型のオンデマンドモビリティサービスの予約・配車システムを開発した。その有効性を検証するため、このたび実証実験を行う。

運行管理システムの画面イメージ

今回開発したシステムでは、車両運行事業者はHondaインターナビのデータ(※)を活用し最適な運行ルートを選択することが可能。車両運行の効率が向上することによって、必要最低数の車両・運転手で運行できるようになる。また、ユーザーはWEBアプリから、バスや電車など他の公共交通へ乗り継ぐ時間を指定して配車を依頼できるなど、利便性を高めている。

※ホンダ独自の双方向カーナビゲーションシステムによって蓄積された移動データ

予約用WEBアプリの画面イメージ

なお、この実証実験は、宇都宮市のUスマート推進協議会(※)スマート・モビリティサービスの地域内交通運行・予約システム導入プロジェクトの一環として実施する。

※ICT等の先進技術を利活用し、社会課題の解決や新たな事業の創出などに官民協働で取り組み、宇都宮市が将来にわたって持続的に発展することができるスマートシティを実現することを目指す協議会。2019年5月、国土交通省スマートシティ先行プロジェクトに採択

情報提供元:MotorFan
記事名:「 ホンダが予約・配車システムを用いたオンデマンドモビリティサービスの実証実験を栃木県宇都宮市と共同で開始! 2021年5月から