いよいよGR 86とBRZがモデルチェンジを受けた。ニッポンが誇るスポーツカー、日産フェアレディZも次期型のコンセプトが公開され、早ければ年内にも量産モデルが登場するはずだ。トヨタ/BMW共同開発のスープラも含めて、日本のFRスポーツカーがフレッシュになったわけだ。

(新型GR86/BRZはプロトタイプ)

トヨタ&スバルのGR 86/BRZ、そして次期日産フェアレディZ、そしてトヨタ・スープラは3台とも、フロントにエンジンを搭載し、後輪を駆動するFRスポーツカーだ。



GR 86/BRZ:2.4ℓ水平対向4気筒(自然吸気)

次期フェアレディZ:(おそらく)3.0ℓV6(ツインターボ)

スープラ:2.0ℓ直4ターボ/3.0ℓ直6ターボ



と、積むエンジンも性格も大きく異なるが、ロングノーズ・ショートデッキのクラシカルなFRスポーツカーのスタイルは共通している。



まずはフェアレディZと比較してみよう。

GR 86&BRZ vs 次期日産フェアレディZ

左がGR 86、右が次期フェアレディZ(プロト)

上がGR 86、下が次期フェアレディZ(プロト)

ボディサイズは

トヨタGR86

全長×全幅×全高:4265mm×1775mm×1310mm

ホイールベース:2575mm



フェアレディZ

全長×全幅×全高:4382mm×1850mm×1310mm

ホイールベース:2550mm



ホイールベースはGR 86のほうが長いが全長は次期フェアレディZの方がかなり長い。

上がGR 86、下が次期フェアレディZ(プロト)

2シーターのZに対して2+2のレイアウトと採るGR 86の方がキャビンが大きいことがわかる。



上の記事で、スポーツカーのメインマーケットであるアメリカでの86/BRZの販売台数の推移を紹介した。せっかくなので、今度はこれにフェアレディZ(370Z)を加えたものを紹介する。

2008年からのグラフになっているのは、現行Z34型のデビューが2008年だから。ここ数年、アメリカでの販売台数が振るわなかったJスポーツカーの3モデルがモデルチェンジを迎えたことで、販売台数がどう動くか注目したい。

GR 86&BRZ vs トヨタ・スープラ

上がGR 86、下がスープラ

GR 86とスープラは、ともにトヨタのスポーツカーだが、他社との共同開発で生まれたスポーツカーであることが共通点。開発を担当したのは、GR 86ではスバルだし、スープラの場合はBMWである。



またエンジンもトヨタ製ではなく、スバル製、BMW製であることも似ている。



ボディサイズを比べてみよう。

3.0ℓ直6エンジンを搭載するスープラの方がだいぶ大きい印象があるが、実際は思ったほどの大きさの違いはない。



トヨタGR86

全長×全幅×全高:4265mm×1775mm×1310mm

ホイールベース:2575mm



トヨタ・スープラ

全長×全幅×全高:4380mm×1865mm×1290mm

ホイールベース:2470mm



ホイールベースは、スープラの方が105mmも短い。水平対向4気筒のGR 86に対して直6を搭載するスープラの方がロングノーズぶりが際立っている。

また、筋肉質でマッチョなスープラと比べるとGR 86はすっきり可憐に見える。ターボのスープラ、自然吸気のGR 86という違いもルックスに表れているようだ。

情報提供元:MotorFan
記事名:「 新型トヨタGR 86&スバルBRZ/次期日産フェアレディZ/トヨタ・スープラのニッポンのスポーツカーを並べて比較してみる