4月2日、メルセデス・ベンツ日本は「EQC」に続くピュアEV第二弾となる新型コンパクトSUV「EQA」の発表記念特別仕様車「EQA 250エディション1」の注文受付を、「EQA特設サイト」を経由して同日より開始したことを発表した。「EQA 250エディション1」の税込車両価格は790万円。なお、EQAの正式発表は4月末の予定で、スペックなどの詳細は発表時に明かされる。

最大航続距離は426km。「EQA 250エディション1」はAMGエクステリアなど装備を充実させた50台限定の特別仕様車

EQAは、日本の道路環境下においても取り回しのよいサイズでありながら、SUVとしての日常の使い勝手も両立させたピュアEV。また、426 kmと十分な航続距離を実現している。安全性、操縦安定性、快適性、利便性、品質などを高いレベルで実現しているのは、他のメルセデス・ベンツ車と変わらない美点だ。

このたび先行注文受付が始まった「EQA 250エディション1」 は、EQAの発表を記念し、充実の専用装備を施した50台限定の特別仕様車。スポーティでスタイリッシュなAMGエクステリアを採用し、ポーラーホワイトのエクステリアカラーに対して、ハイグロスブラックのアクセントの入ったフロントスポイラーリップ、サイドスカート、ドアミラーハウジングおよびルーフレールが引き締まった印象を与える。

空力にも配慮しつつ、繊細なデザインの20インチAMGマルチスポークアルミホイールは、エディション1専用にローズゴールドにペイントされ、全体的にクールな印象のエクステリアのコンセプトを崩すことなく温かみを与えている。また、Aピラーの下端部にはエディション1専用バッジが装備される。

インテリアには、エディション1専用のナバグレー/サイバーカットブルーのレザーシートを装備。さらにドアパネル中央部にもナバグレーレザーを採用し、クールな印象を演出。また、シルバークロームのエアアウトレットの内部のリングやフロアマットのエッジにもブルーのアクセントが採用されている。機能面では、アジャスタブルダンピングシステム付のスポーツサスペンション、パノラミックスライディングルーフ、MBUX ARナビゲーションなどが標準装備となり、ドライビングプレジャーと快適なカーライフを提供する一台となっている。

●メルセデス・ベンツ「EQA」特設サイト

情報提供元:MotorFan
記事名:「 メルセデス・ベンツの新型電動コンパクトSUV「EQA」の先行注文受付が開始! 正式発表は4月末の予定