4月2日、スズキはインドにおける四輪生産子会社であるスズキ・モーター・グジャラート社(SMG社)のC工場が完成し、同日稼働を開始したと発表した。

マルチ・スズキ・インディア社の生産能力150万台と合わせたスズキのインドにおける生産能力は225万台に

スズキは、インド自動車市場の伸張およびインドからの輸出拡大に備えて生産能力を拡大するため、2014年3月にSMG社を設立。SMG社は、2017年2月よりA工場が、2019年1月よりB工場とパワートレイン工場が稼働し、2020年10月にはスズキの生産拠点としては最速で累計生産100万台を達成した。

このたび年間25万台の生産能力を持つC工場が稼働開始することにより、SMG社における生産能力はA工場、B工場と合わせて合計75万台となり、マルチ・スズキ・インディア社の生産能力150万台と合わせたスズキのインドにおける生産能力は225万台となる。なお、SMG社で生産される車両はすべてマルチ・スズキ社に供給される。



スズキは今後も拡大が見込まれるインド自動車市場の需要に応えていくとともに、インドからグローバル市場への輸出促進を一層図り、インド政府が推進する「Make in India」に貢献していく。

情報提供元:MotorFan
記事名:「 スズキのインド四輪生産子会社が開設したグジャラート工場のC工場が稼働。年間25万台の生産能力を発揮