4月1日、日産自動車は神奈川県の葉山に店舗を構える日影茶屋とコラボレーションし、「日産リーフ」と日影茶屋が運営する洋菓子店パティスリー ラ・マーレ・ド・チャヤの「葉山リーフパイ」の特別コラボレーション商品「NISSAN&CHAYAバック LEAF」を発売した。価格は税込1080円で、パティスリー ラ・マーレ・ド・チャヤ葉山本店のほか、日産本社ギャラリー内ブティックや東京・銀座の日産クロッシングで販売される。

コラボレーションを記念し、限定ポストカードに描いているデザインと同様のデコレーションを施した「日産リーフ」のラッピングカーを製作。日産グローバル本社ギャラリーで4月2日から展示

今回のコラボレーション商品は、パティスリー ラ・マーレ・ド・チャヤ葉山本店のシンボルである、すずかけの木の葉をモチーフにした看板商品「葉山リーフパイ」を含む焼菓子詰合せ(計4個)と、限定ポストカードを加えた商品セットを、日産のデザイナーがデザインを施した限定パッケージに入れ、「NISSAN&CHAYAバック LEAF」として販売するもの。

青と白をベースとしたパッケージは、葉山の爽やかな夏の海をイメージしたストライプ柄と、クルマの外装をカモフラージュする際に使うパターンを組み合わせてデザイン。また、ポストカードは、陶磁器の染付けに使われる「藍色」をイメージして製作された。

1933年に横浜の地で創業した日産自動車と、江戸時代中期に葉山で立場茶屋として創業し1972年に洋菓子店「パティスリー ラ・マーレ・ド・チャヤ」をオープンさせた神奈川県内屈指の人気店である日影茶屋は、神奈川県のさらなる活性化を目指し、今回にコラボレーションにいたったとのこと。



さらに、日影茶屋の「葉山が持つ豊かな自然と文化の中で育て上げた『継承する味』、新しい環境での『創造する味』の調和を追求して『新しい食の文化を育成する』」という会社理念と、電気自動車(EV)のパイオニア的な存在である「日産リーフ」の、「量産EVとして10年にわたり新しい市場を創造し開拓してきた」、という共通の志より商品化が決まった。

また日産は、今回のコラボレーションを記念し、限定ポストカードに描いているデザインと同様のデコレーションを施した「日産リーフ」のラッピングカーを製作。「日産リーフ」のラッピングカーは、4月2日から4月23日まで本社ギャラリーで展示され、その後は、パティスリー ラ・マーレ・ド・チャヤの営業車として、実際に活用される予定とのこと。

●日影茶屋●日産グローバル本社ギャラリー

情報提供元:MotorFan
記事名:「 日産自動車と日影茶屋がコラボ! パティスリー ラ・マーレ・ド・チャヤの「葉山リーフパイ」などを含む「NISSAN & CHAYAバックLEAF」を発売!