4月1日、トヨタは小型車「パッソ」の一部改良を実施し、同日発売した。税込車両価格は126万5000円〜190万3000円。

ボディカラーにターコイズブルーマイカメタリックが新設定

新型では「X」グレードに予防安全パッケージの“スマートアシストⅢ」とコンライトを装備。これにより“スマートアシストⅢ”は全車に標準装備されることとなった。また、「X“Lパッケージ”」はLEDヘッドランプが標準装備された。

内外装での変更点は、「X“Lパッケージ”」にシルバー+ピアノブラック調加飾を施したオーディオクラスターとサイドレジスターリングを設定。ボディカラーはラインナップが見直され、ターコイズブルーマイカメタリックを新設定し、モノトーン9色、2トーン4色の計13色のバリエーションとなった。

●トヨタ「パッソ」モデルラインナップ

・X:126万5000円(FF)/144万1000円(4WD)

・X “Lパッケージ”:137万5000円(FF)/155万1000円(4WD)

・MODA:156万2000円(FF)/173万8000円(4WD)

・MODA “Gパッケージ”:172万7000円(FF)/190万3000円(4WD)

・MODA “チャーム”(特別仕様車):161万7000円(FF)/179万3000円(4WD)

※価格は消費税込み

●トヨタ公式WEBサイト「パッソ」

情報提供元:MotorFan
記事名:「 トヨタの小型車「パッソ」が一部改良を受けて全車に“スマートアシストⅢ”を標準装備! 税込126万5000円から