3月31日、ホンダはロータリー式の小型除雪機「HSS760n」を一部改良し、今年9月に全国のホンダパワープロダクツ・除雪機取扱店(農機販売店、ホームセンター、二輪販売店など)にて発売すると発表した。税込価格は「HSS760n(J)」が36万9600円、「HSS760n(JX)」が44万2200円。

ホンダ公式サイトでは4月1日から受付が始まるキャンペーンを紹介

「HSS760n」はHST(油圧無段変速機構)搭載のエントリーモデルで、幅広い地域の家庭用除雪機として、降雪地域で暮らす方々から好評を得ている。今回のモデルチェンジでは、エンジンの熱を利用することでキャブレターと吸気を温める「アイシングガード」を標準装備し、寒冷地での作業の安定性に貢献する。

HSS760n(J)

HSS760n コントロールパネル
HSS760n アイシングガード

なお、ホンダの公式WEBサイトでは、商品情報に加えて4月1日より受付を開始するキャンペーンを紹介している。

●ホンダ公式WEBサイト「ホンダ除雪機キャンペーン」

情報提供元:MotorFan
記事名:「 ホンダがロータリー式小型除雪機「HSS760n」を一部改良。「アイシングガード」を標準装備し寒冷地での安定した作業に貢献