3月31日、ホンダは世界的に権威のあるデザイン賞のひとつ「レッド・ドット・デザイン賞」プロダクトデザイン部門において、大型バイク「FORZA750(フォルツァ750)」とコンパクトカーの「JAZZ(ジャズ)」「JAZZ CROSSTAR(ジャズ クロスター)」(日本名フィット/フィット クロスター)が受賞したことを発表した。

レッド・ドット・デザイン賞は昨年の「ホンダe」「CBR1000RR-Rファイアブレード」に続く2年連続で、累計8度目の受賞

「レッド・ドット・デザイン賞」は1955年に設立された世界的に最も権威あるデザインに関する賞のひとつ。主催はドイツ・エッセンを拠点とするノルトライン・ヴェストファーレン・デザインセンター。プロダクトデザイン部門は51カテゴリーに分けられ、おもに工業製品を対象に、デザインの革新性、機能性、耐久性、人間工学など9つの基準から審査される。

フォルツァ750は2020年秋にヨーロッパで発売され、利便性が高いパッケージングと、力強いトルク特性で燃費性能に優れる直列2気筒745ccエンジンにホンダ独自の二輪車用DCT(デュアルクラッチトランスミッション)を組み合わせることで、コミューターの快適性・利便性とモーターサイクルの走りの楽しさを高い次元で融合させたモデルだ。

ジャズ/ジャズ クロスター(日本名フィット/フィット クロスター)は、歴代ジャズが培ってきた広い室内空間や使い勝手の良さを進化させながら、「心地よさ」という数値では語れない価値を提案。機能と心地よさを無駄のない美しさで両立し、ホンダの四輪を代表するグローバルモデルのひとつとして成長を続けている。



このたびの受賞を受けて、本田技術研究所 デザインセンター 執行役員 センター長の南俊叙氏は次のよう述べている。

「昨年の受賞に引き続き、今回も世界的なデザインアワードであるレッド・ドットより、プロダクトデザイン部門で賞を頂くことができました。これはホンダの創業から引き継がれる“人々の暮らしをより豊かにする”というデザインに込めた想いを評価していただけた証だと考えます。我々はこれからも変わらずこの想いを踏襲しながら、さらに枠にとらわれない“驚きと感動”を提供できるデザインを目指し続けていきます」



ホンダが同賞に輝くのは昨年の「ホンダe」「CBR1000RR-Rファイアブレード」に続く2年連続で、累計では8度目となる。詳しい受賞歴は下記のリンクにてご確認を。

●ホンダ公式WEBサイト「デザインアワード受賞歴」

情報提供元:MotorFan
記事名:「 ホンダの「フォルツァ750」「ジャズ」「ジャズ クロスター」が2021年レッド・ドット・デザイン賞のプロダクトデザイン部門で受賞!