3月29日、日産自動車は新型コロナウイルス感染症に向き合い、医療・福祉・介護の最前線で働く方々を支援する目的で神奈川県が設置した、「かながわコロナ医療・福祉等応援基金」に2000万円を寄付したことを発表した。

新型コロナウイルス感染者の診断や治療に尽力されている医療・福祉関係の皆さまに心を寄せ、敬意を表して実施

このたびの寄付は、3月19日に日産が車両生産工場を有する栃木県が設置した「新型コロナウイルス感染症対策医療従事者応援寄附金」への500万円、3月25日にエンジン生産工場を有する福島県いわき市が設置した「いわき市地域医療を守り育てる応援基金」への200万円、そして3月31日にグループ会社の日産自動車九州株式会社が拠点を構える福岡県に「福岡県新型コロナウイルス医療従事者応援金」への500万円に続くもの。



日産グループはこれまでも、新型コロナウイルスに関わる医療現場への支援の一環として、感染疑い患者の方などの移送用や医療資材運搬用の車両を各自治体の要請に基づき、提供してきた。神奈川県には、昨年4月に医療物資輸送用車両11台を提供し、約2カ月間、軽症者受け入れ施設と病院や保健所間で物資の輸送、また、医療従事者や保健所職員などの移動用として活用していただいている。



さらに日産グループでは、不足する医療防具の支援として、各事業所で保有する3Dプリンターを活用して製造した医療用フェイスシールドや、物流用の梱包資材を利用して制作した医療用ガウンを、昨年、各自治体を通じて医療現場に提供している。



今回実施した寄付は、新型コロナウイルス感染者の診断や治療に尽力されている医療・福祉関係の皆さまに心を寄せ、敬意を表して実施するもの。日産自動車は、自社内の感染の発生、拡大防止に努めるとともに、「人々をより良い世界に」という信念のもと、引き続き自治体や関係者の皆さまと連携して感染拡大の抑制に取り組んでいく。

情報提供元:MotorFan
記事名:「 日産自動車が新型コロナウイルス感染症に対応する医療従事者を支援する「かながわコロナ医療・福祉等応援基金」に2000万円を寄付