先進運転支援システム(ADAS)や、自動運転車両向けの物体認識AIソフトウェア『SVNet』を提供するStradVision(ストラドビジョン)は、2020年の技術および事業の成果と、2021年度の技術ロードマップを発表した。

 新型コロナウィルスの世界的な大流行は、自動車産業をはじめとするビジネス構造やインフラを基盤とする多くの産業に影響を与えた。一方、自動車市場は全体的に低迷しているにもかかわらず、ADAS・自動運転車市場の潜在的ニーズは高まっており、今後の需要拡大が予測されている。

車両前方のカメラ・FFCの単眼カメラ対応

SVNetによる物体認識

 ストラドビジョンの2021年の最優先事項は、既存の自動運転車両向け物体認識AIソフトウェア『SVNet』のアップデート。主な機能として、車両前方のカメラ・FFC(Front-facing Camera)画像を使用した物体認識ソフトウェアを提供している。2021年のアップデートでは、単一のカメラでデュアルフロントカメラと同等の物体認識能力を提供し、量産車での採用を目標としている。これにより、安全性を維持しながら、ハードウェアの使用率とコストの両方を下げることができ、省エネ・熱対策などの観点で高い効率性を発揮することができる。



 SVNetは、カメラ映像からディープラーニングによって検知する自動運転車両向けの物体認識AIソフトウェア。特許技術によってネットワークパラメータサイズや必要とする演算量、メモリ使用量を少なくしながら、高い物体検出・認識精度を実現する。製品特性に応じたチップ(SoC)への組み込みや、高価なセンサーをカメラに置き換えた利用が可能で、競合他社の製品と比較して、数分の一のコストでADASや量産自動車への提供を可能にしている。



 現在、ドイツ・中国市場をはじめ9社のパートナーと提携し、51種類のADASおよび自動運転向け車両に採用され、世界中で1300万台の量産車に導入される予定。日本市場においては、2020年8月には大手システムオンチップ(SoC)ソリューション企業であるソシオネクストと、日本市場へのSVNetの供給を拡大するための協業契約を締結している。

360度全方向の物体認識SVM

360度全方向の物体認識SVM

 2020年10月の『NVIDIA GTC 2020』および、11月の『AutoSens 2020』に発表した『SVM(サラウンドビューモニタリング)』は、自動車業界で大きな注目を集めた。この技術は、自動車の側面に沿って取り付けられた複数のカメラで収集した広角画像を組み合わせて、360度全方向の物体や状況を認識するもの。このSVMやAR-HUD(拡張現実ヘッドアップディスプレイ)などの新技術をベースにした新しいビジネス分野にも注力する。

自動駐車支援APAと自動パレーパーキングAVP

 ドライバーの介在の有無にかかわらず駐車を支援する自動駐車支援(Advanced Parking Assist.APA)や、車両が自ら駐車スペースまで運転し、呼び出されたら自ら戻ってくる完全なバレーパーキング(Automated Valet Parking.AVP)などの高度な機能を実現するための物体認識技術を提供する。



 これらの技術革新を、OEM、自動車部品メーカー、SoCメーカーなどと協力し、誰もが日常的に使えるドライブライフに導入し、業界の最新トレンドをリードしていく。

情報提供元:MotorFan
記事名:「 ストラドビジョン:2021年度の自動運転車両向けソフトウェア技術ロードマップを発表