軽自動車選びでは、室内の広さや燃費の良さ、価格の安さが挙げられるが、それらと並ぶほど安全性能も重要なファクターとなっている。そこで、安全装備の筆頭である自動ブレーキに注目してみると「ホンダ」と「ダイハツ」が一歩リードしているようだ。

歩行者や車両などをカメラやセンサーで検知しているにもかかわらず、ドライバーがブレーキを踏まなかった際にブレーキを作動させて事故を予防・被害軽減する機能は、いまや付いているのが当たり前だ。ただし、検知できる対象やブレーキの作動条件など、細かな性能に差がある。



なかでもファミリー層に人気のスーパーハイト系の車種を比べると「ホンダ・N-BOX」と「ダイハツ・タント」の自動ブレーキは、歩行者(夜間)と自転車の検知ができる点でリードしている。

ホンダ・N-BOX
ダイハツ・タント
約5km/h以上で走行中に自車との速度差が約5km/h以上である車両や歩行者、人が乗車して移動する自転車
速度差が約30〜約120km/h(対歩行者の場合は、約30〜約60km/h)

ちなみに、上記2車種の競合車として挙げられる「スズキ・スペーシア」は夜間の歩行者には対応しているが自転車の検知は明記されていない。また「日産・ルークス」は歩行者(夜間)と自転車の検知について明記されていない。



先述したように、自動ブレーキはいまや付いているのが当たり前。だからこそ、どんな自動ブレーキなのか?にまで踏み込んで購入を検討したい。

情報提供元:MotorFan
記事名:「 軽自動車は自動ブレーキの性能にも注目したい!