アメリカの有力消費者情報誌コンシューマー・レポートの「2021年の自動車ブランド別総合ランキング」でマツダが第1位に輝いた。2020年11月の同誌「自動車ブランド別信頼度調査」でもマツダは1位を獲得している。それでは、「2021年の自動車ブランド別総合ランキング」を見てみよう。

アメリカのコンシューマー・レポート(Consumer Report)といえば、広告を入れずに独自のテストを行なうことで有名だ。創刊は1936年というから、長い歴史を誇る月刊誌である。同誌の評価がセールスに影響することでも知られている。



そのコンシューマー・レポートの「2021年の自動車ブランド別総合ランキング」が発表された。

『Which Car Brands Make the Best Vehicles?』



と題されたレポートはは路上テストや信頼性データ、所有者満足度の調査、安全パフォーマンスに基づいた評価でランキングしている。





まずは、32-21位を見てみよう。

次に20-11位を見てみよう。

日本ブランドでは、インフィニティ(12位)、日産(13位)が入っている。テスラは順位を5つ下げて16位となった。

TOP10は?

マツダは前年より3つ上げて首位を獲得。

最近のマツダの評価(自動車ブランド別総合ランキング)

2021年:1位

2020年:4位

2019年:6位

だから念願の1位と言える。



2位のBMWも6つポジションを上げた。日本ブランドでは

マツダ、スバル、ホンダ、レクサス、トヨタの5ブランドがTOP10入りしている。

コンシューマー・レポートは、

10 Top Picks of 2021: Best Cars of the Year

というレポートも発表した。それぞれのカテゴリーのベストカーを紹介しよう。

2万5000$以下クラス:トヨタ・カローラ

1$=105円換算で計算して262万5000円以下クラスは、トヨタ・カローラがベストカーに選ばれた。

サブコンパクトSUV:マツダCX-30

サブコンパクトSUVではマツダCX-30が選ばれた。

2万5000〜3万5000$クラス:トヨタ・プリウス

262万5000円〜367万5000円クラスはハイブリッドのプリウスが選ばれた。

ミッドサイズ・セダンクラス:トヨタ・カムリ

ミッドサイズ・セダンのベストカーは、トヨタ・カムリ。アメリカでの人気は極めて高い。

スモールSUVクラス:スバル・フォレスター

激戦区のスモールSUV部門はスバル・フォレスター。フォレスーの北米人気も盤石だ。

3万5000〜4万5000$クラス:スバル・アウトバック

367万5000円〜472万5000円の価格帯のベストカーはスバル・アウトバック。モデルチェンジでも高評価は変わらなかった。

ミッドサイズ3列シートSUV:キア・テルライド

キアは現代自動車のブランド。KIA Telluride

コンパクト・ピックアップトラック部門:ホンダ・リッジライン

コンパクトPUTではホンダ・リッジライン(Ridgeline)が選ばれた。

4万5000〜5万5000$クラス:レクサスRX

472万5000円〜577万5000円の価格帯ではレクサスRXが選ばれた。RXの北米での人気は驚異的に高い。

EVクラス:テスラ・モデル3

話題を振りまくテスラ。電気自動車部門でベストカーに選ばれたのは、Model3

情報提供元:MotorFan
記事名:「 コンシューマー・レポート「2021年の自動車ブランド別総合ランキング」発表 マツダが首位に! TOP10は20は? カテゴリー別ベストカーは?