豊田自動織機は、2月17日にエンジンの国内累計生産台数2000万台を達成した。

 1953年4月、刈谷工場で自動車用エンジン初号機を生産してから68年目の達成。また、2013年2月に国内累計生産台数1500万台を達成してから8年での2000万台到達となった。



 豊田自動織機のエンジン事業は、1953年のトヨタ「コロナ」向けS型ガソリンエンジンの生産から始まった。1955年に共和工場へ生産を移し、1964年からはフォークリフト向け産業用エンジンの生産を開始。1982年にエンジン専用工場として碧南工場を新設し、トヨタ「カローラ」「カムリ」他向けにC型ディーゼルエンジンの生産を開始した。



 現在は、碧南工場・東知多工場および子会社TIEI(インド)の3工場にて、自動車用・産業用に排気量1.0ℓ~5.2ℓクラスまで生産している。主力の生産機種であるGD型ディーゼルエンジン(トヨタ「ランドクルーザープラド」、トヨタ世界戦略車「IMV」搭載)、TNGA型ガソリンエンジン(トヨタ「RAV4」搭載)を中心に、幅広くトヨタブランドの車両向けにエンジンを生産している。

 2020年度は新型コロナウイルス感染拡大による影響を受けたものの、販売好調な「RAV4」等、自動車市場の回復により、前年並みの77万9千台の生産を計画している。

情報提供元:MotorFan
記事名:「 豊田自動織機:エンジン国内累計生産台数2000万台を達成