TbyTwo/Wellpine MotorsportのGRヤリスは、1.6ℓターボの4WDモデルではなく1.5ℓノンターボ+CVTのFFモデル。全日本ラリーの参戦予定で、高いボディ剛性で走りが楽しいクルマに仕上がっている。

GRヤリスに外装のラッピング(オリジナルプリントフィルム)、シートにオリジナルシートカバーを装着。内装はリアルカーボンシールド加工されたパーツを装着。

GRスポーツマフラー、そしてラリーマシンらしい巨大なリヤウィングが目を惹く。

TbyTwo/Wellpine MotorsportのGRヤリスは、1.6ℓ直3ターボ+6MT+4WDモデルではなく、1.5ℓ直3ノンターボ+CVT+FFのRSがベース。2021年の全日本ラリーのJ6クラスにスポット参戦する予定だという。



JN6クラスは、ハイブリッド車や電気自動車などのAE車両に、1500cc以下のAT車両を加えたクラス。ライバルになるのは、GRヤリスではないヤリスのCVTモデル、トヨタ・アクア、ヴィッツなどだ。



このマシンには梅本まどかさんがドライブする予定で、参戦するラリーはターマックラリーになる。

目を惹くのは、巨大なリヤウィングだ。もちろんレギュレーションに合致していて、車検に通るもの。効き目は?と訊くと「正直言って効き過ぎるくらい効きます。テールがどっしり安定して、オーバーステア傾向がほとんどない感じ。ラリーはどちらかというとオーバーステア傾向を好む人が多いのですが、このクルマもこれから脚周りのセッティングでうまく仕上げられたらいいと考えています」

ということだった。



FF+CVTモデルは、ボディ剛性が高いので、前型のヴィッツと比べても面白いクルマだという。2ペダルのCVTは、アクセル/ブレーキ、ステアリングの操作に集中できるから、下手なMTドライバーより速く走れることもあるという。

ベース車両の価格もRSは265万円、ターボ4WDのRCは330万円だからだいぶ違う。GRヤリスRSモデルも注目すべきクルマなのだ。

情報提供元:MotorFan
記事名:「 【東京オートサロン2021】全日本ラリーに参戦予定のGRヤリスは、1.5ℓ+CVTの「RS」がベース