フェラーリ328GTSとランボルギーニ・カウンタックだけでなく、足グルマとしてBMW 320dとシトロエンDSを所有する永福ランプこと清水草一さん。「理想の2台持ち」として選んだ足グルマは、自身が所有するBMW 320dとプリウスPHVだ。



TEXT●永福ランプ(Eifuku Ramp)

先代BMW 320dを3年前に255万円で購入。最高の買い物だった!

理想の2台、それはもう私のフェラーリ328GTSとランボルギーニ・カウンタックで決まりだぜ!と言う気持ちもありますが、皆様にお勧めするにはあまり現実的ではないので、足グルマとしての理想の2台を考えてみたいと思います。



我が家の現在の足グルマは、先代BMW 320dセダンと、シトロエンDS3の2台。BMWは長距離用(主に私用)、DS3は短距離用(主に家人用)で、それなりに満足しています。特にBMW320dはロングドライブがスバラシイ! お安い軽油でリッター20キロ近く走るし、ACCも付いていてとってもラクチン。3年前に3年落ちの中古車を総額255万円で買ったのですが、本当にコスパが高かった。



もちろん、新型3シリーズは気になります。最大のポイントはADAS系の進化だ。高速道路の渋滞ではハンズオフも可能になってて、とってもウラヤマシイ。



でも価格を見ると、まだ全然高いんだよね。400万円は出さないと買えない。となると、やっぱり先代か...。先代320dなら、総額200万円で3万キロ以内のタマが買える。あれ? 意外と相場が下がってないなぁ。オレって最高の買い物したんだなー。

先代BMW 3シリーズ

BMWのエリート感は、先代でもまったく色褪せません! 200万円なら依然としてコスパは超絶高いです!

で、もう一台ですが、これはできれば電動化を図りたい。まるで自分のクルマ選びですが、自分がイイと思うものじゃないと人に勧められないので。



でもね、まだEVで「これは!」と思えるものはない。日産リーフはもう時代遅れだし、ホンダ eは高すぎる。輸入EVなんて目ン玉飛び出るくらい高くて完全に論外。



いろいろ考えて最後に残ったのは、BMW i3レンジエクステンダーの中古と、先代トヨタ・プリウスPHVの中古だった。i3は200万円、プリウスPHVは100万円前後からイケる。



i3レンジエクステンダーの200万円は十分魅力的ながら、ガソリンは9リットルしか入らないから、基本的にはEVと思わねばならない。本格EVの購入は、全固体電池が実用化されてからでもいいかなぁ...。



それまでのつなぎで、先代プリウスPHVを100万円で買って気楽に乗るのはステキじゃないか? サイズも手ごろだし、コスパ最高! 結構穴馬だぜ先代プリウスPHV!

先代トヨタ・プリウスPHV

コイツを、自宅の100V電源でチマチマ充電しながら乗るのって、地を這う電動化って感じでステキでしょ? ガソリン入れるだけでも全然走るしさ! すっごく気楽!

『理想の2台持ち』は毎日更新です!



1台でなんでもこなすよりも、目的を分けた2台を所有することで、カーライフはもっと豊かになる。ということで、自分のライフスタイルや好みに合わせた理想の2台の組み合わせを、自動車評論家・業界関係者に選んでいただきます。明日の更新もお楽しみに!

情報提供元:MotorFan
記事名:「 【理想の2台持ち|BMW 320d&トヨタ・プリウスPHV】新型は高いから先代で!コストパフォーマンス最高の足グルマはこの組み合わせ(永福ランプ)