2020年の国内の乗用車ブランド通称名別順位でトップの座に就いたのは、トヨタ・ヤリスだった。ヤリスはクロスオーバーのヤリスクロスの販売台数も含まれるという事情もあるが、1位は1位。ここでは日本自動車販売協会連合会の2020年データと過去4年間のデータを繙いてみる。そもそも2020年にもっとも売れた乗用車はヤリスではない?のだ。どういうこと?

日本自動車販売協会連合会の乗用車ブランド通称名別順位は、軽自動車と海外ブランドを除いた新車乗用車の登録台数のデータである。ブランド通称名とは国産メーカーの同一車名を合算したもので、海外生産車も含む。

まずは、2020年の順位を見てみよう。

左が2位のライズ、中央がヤリス、右が3位のカローラ

第1位に輝いたのは、トヨタ・ヤリスである。ヤリスは、ヤリスとヤリスクロスを合わせた台数で15万1766台だったのだ。ヤリスとヤリスクロスが同じ「ヤリス」扱いなら、ほかにもあるだろう? ということで、上位モデルを再度検討し直してみた。



まずは、アルファードとヴェルファイア、ノアとヴォクシー、ルーミーとタンクなどがすぐに思い浮かぶ。ヤリスとヤリスクロスよりずっと「ハードウェア的には同一モデル」だろう。

それから、トヨタ・ライズとダイハツ・ロッキーを忘れるわけにはいかない。

アルファードとヴェルファイアを合計すると10万8752台

ノアとヴォクシーを合計すると11万4951台

ライズとロッキーを合計すると15万7191台

ルーミーとタンクを合計すると14万532台

となる。

それでは、「真の2020年乗用車販売ランキング」を発表しよう。

トヨタ・ライズ 12万6038台
ダイハツ・ロッキー 3万1153台

1位 トヨタ・ライズ&ダイハツ・ロッキー:15万7191台

2位 トヨタ・ヤリス:15万1766台

3位 トヨタ・ルーミー&タンク:14万532台

4位 トヨタ・カローラ:11万8276台

5位 トヨタ・ヴォクシー&ノア:11万4951台

6位 トヨタ・アルファード&ヴェルファイア:10万8752台

7位 ホンダ・フィット:9万8210台

8位 ホンダ・フリード:7万6283台

9位 トヨタ・シエンタ:7万2689台

10位 日産ノート:7万2205台



となって、1-7位までトヨタが独占!ということになった。トヨタ強し!である。

過去5年間を遡ってTOP20を見てみる

次に、2016年ー2019年のTOP20を振り返ってみよう。

トヨタ・プリウス

2020年にはっきりしたのは、プリウスの退潮である。2016年からずっとTOP3にいたプリウスが2020年はTOP10圏外へ転落したのだ。ハイブリッドカーの先駆者として、ハイブリッド専用車として走り続けたプリウスだが、ハイブリッドが珍しくなくなったいま、その存在理由が問われているのかもしれない。

5年連続TOP20に居続けたクルマは?

ずっと人気を保ち続けるのは難しい。もちろん販売力も問われるしライバルモデルの動向にも左右される。上の表で黄色く塗られているクルマは、2016-2020年の5年間、ずっとTOP20圏内に居続けている、いわば「日本の定番」モデルである。

トヨタ車比率は?

今度は、トヨタ車比率を考えてみた。

色の付いたクルマがトヨタ車である。

過去4年分も見てみると、年年トヨタの力が強くなっているように見える。2021年の市場動向がどうなるかわからないが、トヨタの牙城に迫れるのは、日産ノートだろうか?

情報提供元:MotorFan
記事名:「 2020年、じつはトヨタ・ヤリス+ヤリスクロスよりライズ+ロッキーの方が売れた!