1月8日、ポルシェジャパンは2020年の国内新規登録台数が、過去最高となる7284台を記録したことを発表した。これによりポルシェは、日本市場で新規登録台数が11年連続で増加したことになる。

911を筆頭とする2ドアモデルや、クーペが加わったカイエンが牽引

新規登録台数増加の主な要因として、2019年7月にフルモデルチェンジした「911」を中心に2ドアスポーツカーが好調であったこと、さらに同年4月よりクーペバージョンの予約受注を開始したSUVモデル「カイエン」が牽引役になったとのこと。

●日本国内におけるポルシェ新規登録台数

2009年:3214台

2010年:3335台(+3.8%)

2011年:3658台(+9.7%)

2012年:4661台(+27.4%)

2013年:4869台(+4.5%)

2014年:5385台(+10.6%)

2015年:6690台(+24.2%)

2016年:6887台(+2.9%)

2017年:6923台(+0.5%)

2018年:7166台(+3.5%)

2019年:7192台(+0.4%)

2020年:7284台(+1.3%)

※( )内は対前年比

※JAIA(日本自動車輸入組合)調べ

情報提供元:MotorFan
記事名:「 ポルシェの2020年国内新規登録台数が過去最高となる7284台を記録! 2010年から11年連続で増加