11月18日、スバルは今年の12月にAI開発拠点「SUBARU Lab」を、野村不動産が展開するクオリティ スモールオフィス「H1O(エイチワンオー)渋谷三丁目」内に開設すると発表した。

運転支援システム「アイサイト」にAIの判断能力を融合させることで、安全性をさらに向上させる研究開発を加速

スバルは2030年に死亡交通事故ゼロを目指しており、その実現に向け、運転支援システム「アイサイト」にAIの判断能力を融合させることで、安全性をさらに向上させる研究開発を行っている。



近年の再開発により、IT企業集積地として進化し続ける東京・渋谷にオフィスを構えることで、AI開発に必要な人材のスムーズかつ的確な採用や、IT関連企業との連携などを可能とし、これまで以上にスピード感のある開発を目指す。

スバルの「アイサイト」とAIの融合(イメージ)

なお、「SUBARU Lab」はリモートワークとの併用を想定しながら、密の回避と従業員同士のコミュニケーションの質的向上を両立した設計とするなど、新型コロナウイルスの影響でオフィスの在り方が問われるなかでも、従業員が集中して働きやすい環境を構築した。

●野村不動産 クオリティ スモールオフィス「H1O」公式WEBサイト

情報提供元:MotorFan
記事名:「 スバルが今年12月にAI開発拠点「SUBARU Lab」を東京・渋谷に開設! AIを活用した安全技術を研究・開発