1958年(昭和33年)に初代スーパーカブC100が発売。2年後の1960年(昭和35年)、完全新設計のプレスバックボーンフレームを採用したカブのスポーツ版・スポーツカブC110がリリース。多くの若者に支持された。ここで紹介するのは、そんな貴重なスポーツカブC110をベースにした貴重な3台のお宝カスタム3台だ。

REPORT●北秀昭(KITA Hideaki)

PHOTO●てつかたかし(TETHUKA Takashi)

※月刊モト・チャンプ(2009年3月号)より

再メッキ処理&各部に磨きをかけ、美しさをキープ

 スポーツカブC110は、スーパーカブC100系のOHVエンジンをベースに、頭部の盛り上がった高圧縮ピストンの採用によって圧縮比を9.5まで高め、最高出力を4.3馬力から5.0馬力にアップしたスポーツモデル。※詳しくは下記ページ参照



 写真はレトロなフロント周りや、カブならではのチェーンケースなど、ハンドルバーやダブルシート以外はほぼノーマルの状態に保たれた超お宝な1台。



 前後17インチのスポークホイール、ガソリンタンク、エンブレムなどには、再メッキ処理を施した。ハンドルポストやアウターローターカバー等には徹底的に磨きをかけ、美しさをキープしている。



 OHVエンジンやケイヒンPWΦ16キャブレターは、定期的にオーバーホール。エンジンの状態は非常に良好で、街乗り用としても活躍。

シートはロング型のダブルタイプに変更。

純正のアップマフラー本体やガード部に再メッキ処理を施し、美しさをキープ。

ガソリンタンクの両サイド部には再メッキを施している。

ハンドルバーはレーシーな一文字型に変更。このカスタム術は60年代ならではのもの。

ケイヒンPWΦ16キャブレターは、定期的にオーバーホール。

外観・機関とも徹底的にメンテナンスされ、保存状況が極めて良好なOHVエンジン。

シンプルな構造ゆえ、頑丈さでは定評のあるOHVエンジン。

Honda Collection Hall 収蔵車両走行ビデオ Sport Cub C110(1960年)

ミントグリーンのウレタン塗装でイメージを一新

 オーナーは1990年後半に入手し、少しずつレストア。写真のカタチまで復活させた。外装はミントグリーンのウレタン塗装を施し、爽やかなイメージを演出。ガソリンタンクは61年型のメッキ仕様をチョイス。



 前後17インチの足周り、ハンドル周り、アップマフラー、シート形状はほぼノーマルの状態。エンジンは54cc版のスポーツカブC115用をベースとし、普段は街乗りにも使用。

当時の若者たちの心を鷲掴みにした、レーシーなフォルムのスクランブラー風アップマフラー。

ハンドルクランプに固定されたバーハンドル。当時はスポーツモデルの象徴的なアイテムだった。

エンジンはボア42mm×ストローク39mmのC115用がベース。

スポーツカブは長いインテークパイプを持つ、フレームマウント型のキャブレターが特徴。

レーシングスピリッツを煽るレッドカラー

 スポーツカブC115は、C110(49cc)の2人乗り禁止、30km/h制限を考慮し、C110のボア径を40mmから42mmに拡大した、スポーツカブの54ccモデル(5.5馬力)。



 写真はシート、ハンドル、マフラーなどが変更されているのみで、足周り、エンジン、ガソリンタンク、保安部品などは、ほぼノーマルのまま。外観&機関とも、1960年代のモデルとは思えないほど、良好な状態に保たれている。



 街乗りからツーリングまで幅広く活躍しているこのC115は、オーナーの深い愛情が伺える貴重な1台だ。

ハンドルはスポーティなポジションを可能にする、60年代に流行した一文字型に変更。メーター、ハンドルポスト、スイッチ類はノーマル。

美しく保たれたメッキのガソリンタンク。

シートはビンテージ感溢れるシングル風に変更。

細部まで徹底的に磨き込まれたエンジン。

1960年代の車両とは思えないほど、良好な状態にキープされたOHVエンジン。

情報提供元:MotorFan
記事名:「 スーパーカブ界の韋駄天、「スポーツカブC110」をカスタマイズした記憶に残る3台