スクーター王国・台湾の人気バイクメーカー「SYM(エス・ワイ・エム)」が2021年のNEWモデルを発表。写真はEICMA2018で発表されて以来、お買い得スクーターとして定評のあるJOYMAX Z+(ジョイマックス・ゼット・プラス)の2021年モデル。排ガス規制のユーロ5をクリアしたエンジンは、125、250、300の3種類をスタンバイ。新型のヘッドライトは全車LEDに変更済みだ。

REPORT●北 秀昭(KITA Hideaki)

※注:台湾での発売価格は未公開。また国内での販売は未定

250は21.5馬力から22.0馬力にパワーアップ!ヘッドライトはLED化

 街乗り、通勤、ビジネスでの利便性を確保しながら、快適性を重視した上質なハンドリングを獲得したシティコミューター、JOYMAX Z+(ジョイマックス・ゼット・プラス)シリーズ。同車は125、250、300の3種類のエンジンが選べるのがポイントだ。



 2020年、国内では250版が「JOYMAX Z 250」として、49万5000円(税込)にてリリース開始。「50万円以下で買える250ccのビッグスクーター」として注目を浴びた。



 新排ガス規制のユーロ5に適合した新型のJOYMAX Z+は、ヘッドライトをLEDに変更。また、シートに装備された背もたれは調整可能型とし、快適性を向上。



 リヤタイヤのスリップ等を防止する安全装置「トラクションコントロールシステム(TCS)」、最新充電装置の「クイックチャージ3.0」も標準装備。国内で発売中の250は、21.5馬力から22.0馬力にパワーアップされている。

・モデル:①125/②250/③300 ※頭に〇数字のない箇所は共通

・エンジン形式:4ストロークOHC 4バルブ単気筒

・排気量:①124.9cc/②249.4cc/③278.3cc

・ボア×ストローク:

①Φ53x56.6mm

②Φ71x63mm

③Φ75x63mm

・最高出力:

①10.5kW(14.27ps)/9,000rpm

②16.2kW(22.02ps)/7,500rpm

③19.1kW(25.96ps)/7,500rpm

・最大トルク:

①11.3Nm/6,750rpm

②22.3Nm/5,500rpm

③26.2Nm/6,750rpm

・燃料システム:E.F.I.

・トランスミッション:C.V.T.

・フロントサスペンション:正立型フォーク

・リヤサスペンション:デュアルショック

・フロントブレーキ:ディスク式Φ260mm + ABS

・リヤブレーキ:ディスク式Φ240mm + ABS

・フロントタイヤ:120/70-14

・リヤタイヤ:140/60-13

・全長×全高×全幅:2,190mm×750mm×1,440mm

・シート高:①770mm ②③747mm

・ホイールベース:①1,530mm ②③1,550mm

・燃料タンク容量:12L

情報提供元:MotorFan
記事名:「 125ccでこのビッグボディ。SYM、JOYMAX Z+ 2021年モデルを台湾で発表|250cc、300ccも