スクーター王国・台湾の人気バイクメーカー「SYM(エス・ワイ・エム)」が2021年のNEWモデルを発表。写真は2020年にSYMのフラッグシップスクーターとして登場し、国内でも発売中のビッグスクーター、マキシム(MAXSYM)TL。2021年モデルは、排気量を465ccから508ccに拡大し、最高出力を41馬力から45馬力にアップ。パワフルさに磨きを掛け、スポーツ性能を向上させている。

REPORT●北 秀昭(KITA Hideaki)

※注:台湾での発売価格は未公開。また国内での販売は未定

排気量アップで最高出力=41馬力から45馬力、最大トルク=42.5Nmから49.9Nm にアップ

全長・全幅・全高・ホイールベース・燃料タンク容量は2020年モデルと共通。

リヤサスペンションはマルチリンク式サイド固定モノショック型を採用。

前後ホイールは15インチを採用。前後のホイール形状、ホイール径、タイヤサイズは2020年モデルと共通。

剛性に優れる倒立型フロントフォークやダブルディスク式ブレーキを装備。

豪快にカチ上がった大型サイレンサーや、ファットな160/60-15タイヤを装備した迫力あるリヤ周り。

駆動系はスクーターならではの無段変速CVTミッションにドライブチェーンを組み合わせ。大排気量スクーターならではの仕様だ。

写真は465ccエンジン搭載の2020年モデル。国内での販売価格は99万円(税込)。詳しくは写真をクリック!

 2020年、台湾の人気メーカー・SYMの最高峰として登場したマキシムTL。国内では同年、「サイン・ハウス」が総代理店となって国内発売を開始した。



 水冷4ストローク並列2気筒DOHC8バルブエンジンを搭載した同車は、単気筒が主流だったSYM初となる、ツインシリンダー&ピストン採用モデル。



 倒立型フロントフォーク、マルチリンク式モノショック型リヤサスペンション、前後ディスクブレーキ(フロントはダブルディスク式)などを導入した、本格派スポーツスクーターに仕上がっている。



 2021年モデルは、2020年モデルを踏襲したフレーム、4連のLEDヘッドライト、2段階の高さ調整が可能な大型スクリーン、肉感的な外装類、タンデムも余裕にこなせる快適なシート等を採用。



 NEWモデル最大のポイントは、排ガス規制のユーロ5をクリアしたクリーンな新型エンジン。排気量を465ccから508ccにスープアップして、最高出力と最大トルクが大幅にアップされている。



【最高出力】

30kW(40.78ps)/6,750rpm

  ↓

35kW(47.58ps)/ 6,750rpm



【最大トルク】

42.5Nm/6,250rpm

  ↓

49.9Nm/5,250rpm



 ボア×ストロークは2020年モデルがΦ65mmx70mm。2021年モデルはボア径をΦ3mm拡大したΦ68mmx70mm。2020年モデルよりも、よりショートストローク化した2021年モデルは、スポーティな走りに磨きが掛かっている模様。



 なお、最高出力の回転数は6,750rpmと同じだが、最大トルクは2021年モデルが1,000rpm低い回転数で49.9Nmものビッグトルクを発揮。この点は、ボア径をΦ3mm拡大し、排気量を43ccアップした設計変更が、リニアに反映されているといえよう。



 新型の2021年モデルは、パワー&トルクアップによる乗りやすさと扱いやすさの向上に加え、底から突き上げるような、粘り強くて図太い走りが体感できると予測される。

スポーティなデザインの外観が特徴。
便利なキーレスシステムを採用。

 新型のマキシムTLには、2020年モデルのキー挿入型から、便利なキーレスシステムに変更。また充電システムの「クイックチャージ」は、2.0から3.0にアップグレード。これにより、充電効率アップに加え、充電中のデバイスの加熱も抑制。

エンジン型式:水冷4ストローク並列2気筒DOHC 8バルブ

排気量:508cc

ボア×ストローク:Φ68mm x 70mm

最高出力:35kW( 47.58ps)/ 6,750rpm

最大トルク:49.9Nm/5,250rpm

燃料システム:E.F.I.

ミッション:CVT

フロントサスペンション:倒立型

リヤサスペンション:シングルマルチリンク式サイドモノショック型

フロントブレーキ:ダブルディスクΦ275mm+ ABS

リヤブレーキ:ディスクΦ275mm+ ABS

フロントタイヤ:120/70-15

リヤタイヤ:160/60-15

全長:2,215mm

全幅:801 mm

全高:1,468 mm

シート高:795 mm

ホイールベース:1,543 mm

燃料タンク容量:12.5 L

情報提供元:MotorFan
記事名:「 日本で発売中のSYM マキシムTL、台湾では排気量465cc→508ccに大進化!