Gーワークスでは毎月多くの旧車のカスタムを紹介しているが、ここでは、日産のA型エンジン搭載車のサニトラを紹介。ノーマルからフルチューンまで、いろんな方向性のサニトラが集まってくれた!

エンジンは排気量の大きいA14型に載せ替え、クランクバランス加工、H断面コンロッド、亀有鍛造ピストンで腰下をチューニング。ヘッドはポート拡大加工を行ない、ピットロード製76度カムを中心に、亀有ビッグバルブ(φIN38/EX32)、まつおか製バルブスプリング等を組み合わせたスペシャル。「DATSUN1500」と掘られたカムカバーはワンオフで製作。

サニトラと言うクルマはじつに不思議。今のクルマ市場では考えられない乗用車の派生のトラックという出で立ち。



ガソリンスタンドや電気屋さんなどなど個人事業主の良き相棒でもあったクルマで、結構街中で見かけていたのだから時代に求められていたのがよくわかる。丈夫でチューニングすると速いA型エンジン搭載、トラックという性格上、中古流通も比較的安価ということもあり若者を中心に人気になり「サニトラ」という愛称で今でも親しまれている。



ココで紹介するサニトラはGXラインの入った走りを感じさせる仕様で、エンジンもフルチューン。高回転まで回るA型エンジンと軽い車体のおかげで、今どきのクルマに無い鋭い加速を示す!!



このほかにも多数のサニトラを紹介しているので、もっと見たい方は2020年G-ワークス12月号をご覧下さい♪

情報提供元:MotorFan
記事名:「 サニーはサニーでもトラックでしょ!A型エンジンを搭載する快速サニトラ